サーキット縁石赤アジアンタイヤJP
アジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキングの説明

アジアンタイヤにはタイヤカテゴリー的にないハイグリップタイヤというカテゴリーはありませんでした。今まで試乗してきて、グリップ性能的にはスポーツタイヤのカテゴリーにおさまるグリップ性能でしたが、2015年から2016年にかけてアジアンタイヤでもサーキットでタイムアタックできるようなハイグリップタイヤのカテゴリーに入るグリップ性能をもったタイヤが発売されました。
鈴鹿サーキット
激安アジアンタイヤの中でのハイグリップタイヤランキングです。試乗した中では、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入るタイヤはまだ4種類しかありませんが、2018年、各アジアンタイヤメーカーからグリップタイヤが発売されることを期待したいと思います。タイヤ性能評価は7つあります。ドライ性能、ウエット性能、高速性能、静粛性、乗り心地、耐摩耗性(ライフ)、燃費性能です。このタイヤ性能評価7つの中で、ハイグリップタイヤランキングなので、ドライ性能のグリップ力のみの性能ランキングです。
GTカー
サーキットでタイムアタック用に使えるタイヤです。どれも公道走行OKのハイグリップタイヤですよ。スリップラインが出ていなければ、車検も通ります。

 アジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキング

1位 NAKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1
2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドよりグリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのがNANKANG AR-1です。グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。
NANKANG AR-1
AR-1のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

2位 NANKANG NS-2R

試乗したタイヤの特徴と感想、性能レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R
国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています。このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を超えているアジアンタイヤです
NANKANG NS-2R
NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

3位 ATR-K SPORT

試乗したタイヤの特徴と感想、性能レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT
国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが、まだサイズラインナップが少ないので、今後サイズラインナップが増えることを期待しています。
ATR-K SPORT
ATR K SPORTのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

4位 ATR SPORT 123S

試乗したタイヤの特徴と感想、性能レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S
コチラも国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが、まだサイズラインナップが少ないので、今後サイズラインナップが増えることを期待しています。
ATR SPORT123S
ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

今回のアジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキングは

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を持っていますが、Sタイヤは一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります狭い温度域によって、グリップ力を発揮する特殊なコンパウンドを使っているタイヤでさらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので極力タイヤ自体を軽く作ってあります、一般道で使用するには、かなり気を使わなければならないタイヤがセミスリックタイヤです。
縁石青
激安アジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!Sタイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけでパンクしたりしないので、ご安心ください。安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので一般道でも気をつかわなくて済みます。

今回のハイグリップランキングの4種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きに、ぜひ履いてもらいたいタイヤです。これだけだと、どれだけグリップするのかイメージがわかないと思いますので、どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきますね!
3位のATR-K SPORTでサーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ国産グリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。しかも周回を重ねても、タイムが安定していたのでそのグリップ性能には驚きました。

公開日:2016年03月20日
更新日:2020年07月09日

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤランキング 激安ハイグリップタイヤ性能比較!安くてグリップありますよ!でした。