ジャンクション
値段が安くて性能が良いアジアンタイヤのオススメは、どのタイヤなの?

アジアンタイヤメーカーもたくさんあり過ぎて、それぞれアジアンタイヤメーカーさんのコンセプトも違います。結局のところ、アジアンタイヤJP管理人がアジアンタイヤを試乗し、カテゴリーごとのTOPのタイヤはどのタイヤなのかを知りたい、という問い合わせが多かったので今までアジアンタイヤを試乗して、このタイヤ良かった、感動したタイヤを、カテゴリー別にまとめました。

ロータス アジアンタイヤJP

㊟、アジアンタイヤを試乗し、管理人が率直にタイヤカテゴリーごと、素晴らしいタイヤと思ったタイヤのご紹介ですので、タイヤ販売ランキングとは、全く関係がありません。あくまでも、管理人が感じた、カテゴリーごとの一番優れていると感じたアジアンタイヤの紹介です。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤで感動したタイヤ

ROADSTONE N8000

この高速性能と静かさのレベルの高さには驚きました。

ROADSTONE N8000の試乗レビューは⇒コチラから

静かさ、乗り心地、高速安定性、グリップ力トータルバランスを、高次元で融合させたプレミアムタイヤでした。

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ROADSTONE N8000

アジアンタイヤ プレミアムタイヤの種類と人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤのハイグリップタイヤで感動したタイヤ

NANKANG NS-2Rの試乗レビューは⇒コチラから

実はNANKANG NS-2R 私のサーキット仕様のJZA70スープラに履いています

発売当初はサイズのラインナップが少なく、70スープラに履けるサイズが無かったのですが、サイズラインナップがどんどん増えていき、履けるサイズが発売されたと同時に注文し、履きました。サーキット好きな私なので、今までイロイロなハイグリップタイヤを試してきましたが、この安さで、このハイグリップには驚きました。もうリピート3回目です(笑)なぜリピートするかというと、答えは簡単です。国産のSタイヤ1本の値段で、このNANKANG NS-2Rが4本買えちゃうからです(笑)それと一般道でもそこそこ快適性はあるのですが、タイヤが減ってくると、ロードノイズはうるさくなるので、ちょっと一般の方は避けた方がイイかもしれません。タイヤの減りは一般タイヤの1/3ぐらい早く減ります。その分グリップはしますので、快適性を求めないグリップを重視のタイヤが欲しい方にはオススメのハイグリップタイヤです。とにかく値段が安いので(笑)

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS2R

アジアンタイヤ ハイグリップタイヤの種類と人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤの中でグリップ力は最強のハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1の試乗レビューは⇒コチラから

 

NANKANG NS-2Rでもグリップ力はスゴイですが

その上をいくハイグリップタイヤです。一般の方は履かない方がいいと思います。もちろん街乗りでも使えますが、サーキットで楽しみたい方のみのハイグリップタイヤです。なぜかというとパターンノイズ、乗り心地は最悪で、快適性は全くありません。グリップオンリーだけの最強のグリップタイヤですので、サーキット走行で本領発揮してくれますしタイムアタックではベストタイムが出ちゃいます。ちょっと今までのタイヤのレベルを超えている最強ハイグリップタイヤです。ですが、その分タイヤの減りは、もの凄く早いで、グリップだけが欲しい方のみに履いていただきたいタイヤです。

※もう一度書きますが、ロードノイズはうるさいですし、乗り心地もとても悪く、快適性は全く無いハイグリップタイヤです、さらにタイヤの減りも、もの凄く早いので、一般の方は、このAR-1タイヤは履かないようにしてくださいね!

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR1

アジアンタイヤのコンフォートタイヤで感動したタイヤ

これは、コンフォート販売ランキングTOPと同じです。

NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

快適性の静かさと乗り心地を求めるなら、このタイヤです。

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

アジアンタイヤ コンフォートタイヤの種類と人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤのスポーツタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

このタイヤはスポーツタイヤに快適性をプラスしたタイヤです。グリップ力は一般道では使い切れないほどのグリップ力を持っていますしかも静かで乗り心地も犠牲にしていないチョット異質なタイヤ性能もっているタイヤでした。プレミアムタイヤまでの快適性はありませんがグリップ力はグッドです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT2

アジアンタイヤ スポーツタイヤの人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤの中でファッション性で感動したタイヤ

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ試乗レビーは⇒コチラから

実はこのMOMO OUTRUN M-3、私のJZS161アリストにも履いています

イタリヤブランドのタイヤ技術で、生産は中国で作っているタイヤがMOMOタイヤです。もちろん工場の機材はイタリヤ製で技術も生産管理もイタリヤ品質です。なぜ私がこのMOMO OUTRUN M-3を履きたくなったというと、値段の安さはもちろんですが、初めてこのタイヤを試乗したときに今までにない静かさと乗り心地に感動を覚えたところにあります。ちょっと言葉では説明が難しいのですが、ロードノイズがしなやかで、乗り心地もしなやかなんですよね!何を言っているか、分からないよ~って言われるかも知れませんが、まずはロードノイズをトレッド面で打ち消している感覚があったんです。この感覚は今までのタイヤにはありませんでした。それと乗り心地は、トレッド面とサイドウォールで受け止めるのですが、トレッド面の衝撃吸収が優れていて、今まで味わったことのない乗り心地だったので、これは履くしかないなと思い、私のJZS161アリストに履かせました。実は嫁のカローラフィールダーにも、MOMO OUTRUN M-1を履かせています(笑)嫁は車音痴なのですが、タイヤを変えたら車音痴な嫁でも、すごく静かになったし、乗り心地も良くなったと、喜んでいました。え・・・車音痴の嫁にも分かるのか~と、ちょっと感動してしまいました。このこともあり、実はMOMOタイヤを履いてみたいなというところもありましたね!そしてさすがイタリヤと思わせるところが、サイドウォールの繊細な仕上がりでファッションセンスは素晴らしいです。見た目の仕上がり感は、文句無しで、MOMOのロゴマークも気に入っています。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRAN M-3

アジアンタイヤのミニバンタイヤで感動したタイヤ

RADAR RPX800

RADAR RPX800の試乗レビューは⇒コチラから

横剛性が文句なしで、ミニバン特有の高速のフラツキが抑えられるところがイイです。ミニバン販売ランキングがTOPの意味が分かりました。

RADAR PX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

アジアンタイヤ ミニバンタイヤ人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤのSUVタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORTのDesert Hawk H/T

Desert Hawk H/Tのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

快適なのに、スポーツ走行OKで、グリップ力は相当あるタイヤでした。SUVでもグリップ力が欲しい方に、オススメです。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

アジアンタイヤ SUVタイヤ人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤのECOタイヤで感動したタイヤ

ROADSTONE N blue ECO SH01

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

アジアンタイヤのECOタイヤは、まだ出初めなのでラベリング制度のAAAまでの転がり抵抗性能までは行っていません。ROADSTONE N blue ECO SH01でAAにようやく入った性能でした。ECOタイヤですが、コンフォートタイヤというのが感想です。静かさと、乗り心地はかなり高いレベルでした。

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N blue ECO SH01

アジアンタイヤ ECOタイヤ人気ランキングは⇒コチラから

アジアンタイヤのランフラットタイヤで感動したタイヤ

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

乗り心地はランフラットタイヤなので良くはありませんが、静かさはバッチリなタイヤです。そして、なによりうれしいのがランフラットでありながら低価格というところです。国産ランフラットタイヤだと、値段を見たらあまりの値段の高さにビックリそんなに高いの~でも大丈夫です。レーダーのDimax R8+ RUNFLATなら低価格で履けちゃいます。ほかにも、低価格ランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒Dimax R8+ RUNFLAT

アジアンタイヤ ランフラットタイヤ人気ランキングは⇒コチラから

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったりタイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。しかも最大の魅力は、国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年06月28日

安くて性能が良いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤでした。