スポーツカー (2)
ニットータイヤNT555 G2の特徴

日本では、あまり知られていませんが、TOYOタイヤの海外輸出向けブランドがNITTO(ニットー)タイヤです。

オープンカー

米国でコアなファンに支持を受けていて、デザイン性、革新性をコンセプトとした、ラグジュアリースポーツカー向けの大口径タイヤが人気です。その中で大人気だったNT555の後継タイヤがNT555 G2です。

NITTO NT555 G2

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ) インチサイズ(17インチ~20インチ)

NT555 G2

NT555 G2(エヌティーゴーゴーゴー ジーツー)は、長らく人気を博したNT555に代わる新世代のUltra High Performanceタイヤとして、NT555のエッセンスを継承し、洗練されたアグレッシブなトレッドパターンデザインとスタイリッシュなサイドウォールデザインをもち、

珍しいスポーツカー

NT555から操縦安定性とウェットブレーキング性能を向上し、世代を問わないタイヤとしてハイエンドカーオーナーを魅了します。というメーカーさんのセールストークです。

ニットー NT555 G2のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NT555 G2

NITTO NT555 G2のタイヤデザイン

NT555 G2のトレッドパターンは、こんな感じ

NT555 G2

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NT555 G2

NT555の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NITTO NT555 G2タイヤ一般道試乗性能評価レビュー

サーキット仲間が、なんとNT555 G2を履いて来たので試乗性能評価レビーをすることに車はなんと100系のツアラーVマニアル車でタイヤサイズは225と245です。エンジンパワーもかなり上げてあるので(汗)NITTOのNT555は、履いたことがあるので性能はバッチリ分かりますが、特に縦のグリップ力は半端ではなかったタイヤでした。NT555 G2に乗るのは初めてです。さてNITTO NT555 G2の性能はどうなのでしょう。

レクサス

オーナーさんを助手席に乗せて試乗にGOです。NT555 G2はプレミアムタイヤですがこの車、車高調が入っていてしかもショートサーキットにバネレートを合わせているのでゴメンナサイ静かさと乗り心地の評価は、まともにできません。乗り始めですが、クラッチを切るとシャリシャリ音、おいおい未だにクラッチツインプレートかよォ~・・・スタートに気を使いますそして一般道を走行してみると思ったより静かなんだ~ですよね!7プレミアムタイヤなので。そしてこのタイヤコーナーを攻めてみると、何も起きないよね。グリップ力はかなり高いです。一般道ではNT555 G2のタイヤ性能は分からないので!

ニットー NT555 G2のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NT555 G2

NITTO NT555 G2タイヤで高速道路へGOです

その前に、ETCカード変えないとね!さてETCゲートを抜け、いつものインターのスプーンカーブ速度を載せていくと後半がキツくなるんだけど、タイヤも泣かずすんなりと曲がってしまいました。そのあと減速し、シフトダウンしてセカンドからフルスロットル・・・あっと言う間にタコメーターがレブリミッターにおいおいこの加速力でグリップしちゃうのかァ~さすがNT555の後継タイヤです。パワー的には360PS~380PSの間の加速力ここまで来ると普通、グリップタイヤでもFR車はグリップを失うのが普通ですが、NT555 G2はグリップしちゃいましたこれは驚きです。NT555はゼロヨンタイヤとしてはかなり有名でしたがその縦のグリップ力は、NT555 G2にも健在のようです。

東名高速

 

速度が上がると直進性はバツグンです。そしてチョット驚いたのが、静かさです。プレミアムタイヤの静かさとしては、下の方ですが車高調が入っている車で、ここまで高速が静かとは驚きでした。

ニットー NT555 G2のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NT555 G2

NITTO NT555 G2タイヤで、いよいよ首都高です

どうなのでしょう?路面の継ぎ目ですが、かなり硬いですと言ってもバネレートが高い車高調なので乗り心地の評価はできないかな(汗)そのまま右コーナーで環状線に合流するはずがコーナー途中で・・・ヤバイ・・・コーナー途中なのにその先に、合流できない車が止まってるマジか~・・・ここで急ブレーキを踏めば、前荷重になり過ぎてリヤがすっ飛んでいくし、一瞬ブレーキを遅らせて直線を取ってブレーキの方が安全だと判断し、急ブレーキ・・・するとギリギリだと思っていましたがこのNT555 G2が助けてくれました。ここまで急減速できるのか?この縦のグリップはなに・・・かなり危険な場面でしたが縦グリップ力に、助けられほんの少しの余裕までいただきましただからグリップ力のあるタイヤって安全なんだよな~ってつくづく思い知らされました。それにしても急ブレーキのグリップ力には驚きましたね!さて、ゴメンナサイ少しクラッチを減らしてしまうけどロケットスタートで無事合流しコーナーテストです。う~ん、グリップ力はかなりありますがダイレクト感がないんだよな~タイヤの横剛性がもう少し欲しいといったところかなこれ贅沢な要望かも知れませんがNANKANG NS-2RNANKANG AR-1のようなコーナーに入ってから最大Gが掛かったところでタイヤからのダイレクトな反発力が足りません。ハイグリップタイヤのような横剛性はありません。ハイグリップタイヤと比べるのがまったくの間違いですけどね。でもプレミアムタイヤということを考えるとかなり高いグリップ力があるのは、分かりますがプレミアムタイヤって、コンフォートの性能をもちながらスポーツタイヤのグリップ力を持っているのがプレミアムタイヤでしたが、このNT555 G2は考え方が違います。

ループ橋春

プレミアムタイヤの範囲内での静粛性と乗り心地を保ちつつスポーツタイヤではなく、グリップタイヤの性能を兼ね備えた新たなプレミアムタイヤなのかも知れません。

自動車と高原 アジアンタイヤJ

静かさと乗り心地はスポーツタイヤ並でいいですがグリップ力は欲しいという方にはオススメのタイヤですこのタイヤ、プレミアムタイヤとしてはトップクラスのグリップ力を持っていました。とにかく縦のグリップは恐ろしいほどありますね。
ニットー NT555 G2のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NT555 G2
おそらくバネレートの高い車高長が入っている今回の車で、かなり静かだったので、トータル性能がかなり高いタイヤということだけはわかりました。タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。機会があったら、ノーマルの足回りの車で乗ってみたいタイヤでした。

更新日:2020年08月10日

NITTO(ニットー)タイヤ NT555 G2タイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能はこんな感じです。でした。