ATR123S
ATR SPORT 123Sタイヤの特徴

ATR SPORT 123S(エーティーアールスポーツ ワンツースリーエス)は、

走りを追求しドライグリップを重視したハイグリップタイヤです。

スポーツ走行を想定して設計され、強力なグリップ力で高いコーナリング性能とトラクション性能を発揮します。
サーキット縁石赤アジアンタイヤJP
というメーカーさんのセールストークです。
タイヤカテゴリー(ハイグリップタイヤ)
インチサイズ(15インチ~18インチ)

ATR SPORT123Sのタイヤデザイン

ATR SPORT123Sのトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ATR SPORT123Sの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

トレッドパターンは、見たことのない斬新なデザインです。

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと値段はコチラから⇒ATR SPORT 123S

ATR SPORT 123Sのサーキット走行評価レビュー

車はヴィッツ1300RSなんですが、これが苦労して作り上げたサーキット仕様です。

ハイカム4スロットル仕様 フルコンでコントロールしているので

とてもエンジン特性のクセのある仕様です。

前回のネオバとSタイヤのタイムデーターがあるのでそれと比べればタイヤのグリップ性能が分かるからイイね!

ということで、今回はATR SPORT 123Sをチョイスしてサーキット走行タイヤテストです。

その前に一般道の評価ですが、タイヤのパターンノイズはうるさいし、乗り心地もかなり硬いので、

快適性はありませんどちらかというと、グリップ力オンリーのタイヤです。

サーキットでは、このATR SPORT 123S 本領発揮

タイヤが冷えているスタート時は、高速コーナーでリヤが出てしまいますが4周目を超えた当たりから、グリップ力がアップしてタイムがグングン上がってきました。
サーキット縁石赤アジアンタイヤJP
行ける・・次の周からタイムアタック開始コーナー入口のシャープさはスゴイです。

ヘアピンのグリップ力も凄く、どちらかというとエンジンのパワー負けするぐらいのグリップ力

5周タイムアタックをしてピットに戻ってみるとなんだかサーキット仲間がザワザワ・・・?

そしてタイムを見たらビックリ

ベストタイムは、これSタイヤ並のタイムじゃん(驚)

まさかATR SPORT 123Sってここまでの性能を持っていたとは、驚きを隠せません

乗る前は、こんな安いタイヤ~なんて思っていましたが

乗ったら、そのグリップの凄さが楽しくなってしまって思いっきり攻めることができました。

間違いなくハイグリップタイヤです。安くても、こんなにグリップするタイヤってあるんですね。

街乗りの快適性は全くありませんがサーキット好きには、オススメのタイヤです。

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓
ATR SPORT 123S
サイズラインナップがまだ少ないですがこれから増えることを期待したいタイヤです。
タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月015日

激安ATR SPORT 123Sタイヤのタイヤに乗った感想と特徴 サーキットテストでした。