サーキット縁石赤アジアンタイヤJP

長時間安定してサーキット走行できた激安アジアンタイヤのランキングです。

ます考えて頂きたいのが、国産ハイグリップタイヤ1本分で、アジアンタイヤだと4本買えて、さらにお釣りがきちゃうところです(笑)サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!これサーキット好きには、本当に悩みどころです。ということでタイヤ代を安く済ませるため、アジアンタイヤをテストしてきました。これからも、テストしていきます。アジアンタイヤの中で、スポーツタイヤと呼ばれているタイヤです。さて、値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

1位 NEUTON NT5000タイヤ サーキットタイヤ性能の感想

グリップ性能は国産スポーツタイヤ並もしくは上で楽しめますね。低温からグリップが出てくれるのはウレシイです。どちらかというとエアー圧を高めにした方がタイムが出ます。グリップが高い分、標準エアー圧からのスタートですとヘアピンやS字の振り返しで、タイヤが倒れる荷重負けをしてしまいますので、その分エアーと高めにしないとタイム出ません。30分連続走行ですと、ちょっとグリップが落ちてきます。感じとしては、ヌルヌル外に抜ける感じが出てくるので休憩タイムを取って、タイヤを冷やしたほうが安全ですね。でもグリップ力は充分あるタイヤです。国産スポーツタイヤと同等のタイムが出せます。ブロック飛びもなく、グリップしてくれるタイヤでした。価格が安いのにこれだけのグリップ力があるなら大満足のタイヤです。

NEUTON NT5000タイヤサイズと価格は

コチラ⇒NEUTON NT5000

2位 ATRスポーツ サーキットタイヤ性能の感想

値段がとてつもなく安いタイヤなので、どうなのかな~って試しました。いざ走り出すと、タイヤが冷えているときは、グリップはでませんが温度が上がってくるとかなりいい感じ、タイヤトレッドのヨレ感はあるんだけど、それを踏まえてステアリングの切り初めをほんの少し早くすると、ラインに乗ってくれます。流れてからのコントロール性もしやすく、値段からすれば大満足のタイヤです。タイヤが溶ける温度になってくるとグリップは落ちてきますけどね!40分連続走行でもブロック飛びは、ありませんでした。タイムは50秒前半、もう少しで49秒台に入れそうでしたがタイヤの温度が上がりすぎると、ヌルヌル外に膨らむんだよね(笑)

ATR SPORTタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ATRスポーツ

3位 NANKANG NS-2 サーキット評価

ナンカンタイヤで最も人気があり売れているのが、NS-2タイヤです。サーキットではどうなのか?これが結構曲がってくれます(笑)タイムは50秒後半なんですが、バランスはとてもイイね。しかもブロック飛びもないし、減らない・・・(驚)ここまで楽しめて、減らないタイヤも珍しいです。溶ける温度になると、グリップは下がってきます。でも値段を考えると、出来すぎです。タイムアタックには向かないけど、1日楽しく走れる性能を持っていたとは、チョットビックリでした。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ナンカンNS-2

ナンカンNS-2Rが発売されました。

NS-2R

AE101サーキット仕様の車に取り付けてテストしたところこのナンカンNS-2Rは、これからサーキット走行会の支流タイヤになりますね。スポーツタイヤのカテゴリーとは、レベルが違いすぎるので、順位には入れませんがサーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力トップクラスでしょう。完全にグリップタイヤのカテゴリーに入ります。国産グリップタイヤだと、ネオバ、R1R、Z2スタースペックと言ったタイヤです。横剛性、コントロール性、グリップ力、速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤがグリップタイヤです。そしてナンカンNS-2Rは、グリップタイヤのカテゴリーに入りなおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんがかなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤです。が・・・さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。でもSタイヤの新品溝は5mm、ナンカンNS-2Rの溝は8mmとSタイヤと比べると、ライフがまったく違います。本当にSタイヤってあっという間になくなりますからね!そして走った後のSタイヤを見ると・・・あ~楽しんじゃったなァ~って・・・あとどれくらい走れるんだようとむなしさが・・・またタイヤ交換だァ~、財布に優しくないなァ~ってことに!ナンカンNS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方はしないので安心してください。でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありません!サイズラインナップも豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ナンカンNS-2R

さらにグリップをするタイヤも発売されました。

サーキットでタイムアタックタイヤなら

コチラから⇒ハイグリップタイヤランキング

公開日:2016年01月11日

更新日:2020年06月17日

サーキットで長時間走行でも耐えるアジアンタイヤランキングでした!