サーキットアジアンタイヤ

グリップタイヤタイヤランキングの説明

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

アジアンタイヤの中でサーキットに使えるグリップタイヤをテストしてみました。

タイヤカテゴリーのグリップタイヤとスポーツタイヤのグリップ性能を評価するため、ショートサーキットを使ってそれぞれの車両を、

私のほか4名の、つわものドライバーに協力をえてタイムアタックしてもらい、車両の違いによるタイムの差を均等にするため、

ボディー剛性、エンジンパワー、車両重量、ブレーキ容量、足回り性能等を係数化し、ベストタイムに、その係数を掛け合わし、

タイムの良かった=グリップ力の高いタイヤから評価しています。

アジアンタイヤランキングは、ドライ路面のサーキット実走行で、タイムアタックし、これかなり過酷なテストですよ。

JZA70アジアンタイヤテスト

テスト時間は、連続30分走行でその走行時間内のベストタイムを元にランキングしています。

JZA70 ナンカンタイヤテスト

そのためタイヤの温度により、ベストタイムが、前半に出るタイヤもあれば、20分過ぎにベストタイムが出るタイヤなどそれぞれタイヤグリップの出方の性格違いはありますが、

JZA70 AR-1サーキットテスト

あくまでも、30分サーキット連続走行という基準のベストタイムでタイヤ性能ランキングしています。

アジアンタイヤ グリップタイヤランキング!

サーキット走行レビューは、一般向けではないので、ココでは一般公道の試乗感想レビューにリンクしています!

東名高速

1位 ナンカン(NANKANG) AR-1タイヤ

NANKANG AR-1の試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

2位 ダヴァンティプロトゥーラレース

PROTURA RACEのトレッドパターンを見ただけで、ハイグリップを意識して作られたタイヤということが分かりますね。

 

PROTURA RACE(プロトゥ-ラレース)は、優れたブレーキング力とパワフルな加速力を実現するハイグリップなニューコンパウンドを採用。

さらに、ウェット路面では優れたコントロールを発揮する方向性パターンを取り入れており、サーキットからストリートまで対応

(トレッドウェア200)のリアルスポーツタイヤです。

PROTURA RACEのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

3位 ナンカン(NANKANG) NS-2Rタイヤ

NANKANG NS-2Rの試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

4位フェデラル595RSRR

フェデラル595RSRRのタイヤ評価レビューは⇒コチラから

インチサイズ(15~19インチ)

 

フェデラル595RSRRのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

5位 ダヴァンティ(DAVANTI) DX640タイヤ

DX640のタイヤ性能評価レビューは⇒コチラから

インチサイズ(16~22インチ)

DAVANTI DX640のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

6位 ナンカン(NANKANG)NS-2タイヤ

ナンカンNS-2の試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年07月18

公開日:2016年03月26日

アジアンタイヤ グリップタイヤランキング 激安アジアングリップタイヤ性能比較!でした!