激安NEXENN9000タイヤ サーキット走行テスト評価レビュー アジアンタイヤ

激安ネクセンN9000で1日フリー走行のサーキット評価レビュー

n9000

ちょっと一般的ではない1日フリー走行の

サーキットのレビューなので

あくまでもこの評価は一般道ではありませんので!

サーキットでのNEXEN N9000タイヤ性能

NEXEN N9000はプレミアムタイヤですが

グリップ力は強烈です。

タイムも国産Sタイヤまでは行きませんがSタイヤと比べて

ベストタイムは2秒落ち、サーキットではこの2秒と言うのは

とても大きい数字ですけどね。

でも国産ハイグリップタイヤと肩を並べるタイムでした(驚)

これがプレミアムタイヤと言うんだから

プレミアムタイヤの中では、異質な性格を持ったタイヤです。

普通に走れば、静かで乗り心地もイイんだけど

グリップ力はハイグリップタイヤの部類に入ります。

普通のグループ分け1回20~30分単位の走行会なら

充分行けるタイヤですが、

フリー走行会で走行時間トータル2時間を越え、

その後連続50分走ったら

ブロックが飛びました(泣)

まあ一般的にはサーキットを50分も連続走行はしないと思うのでイイのかな(笑)

フリー走行会の場合、30分走ったら

タイヤを冷やさないと、ブロックが飛んで行っちゃうので

その辺は注意が必要ですね!でもかなりのタイムを連発しないと

ブロックが飛ぶまでは行きませんよ!

一般道では、満足いくグリップ力を持つタイヤです。

タイムアタックならN9000です。

なんでこのタイヤがプレミアムタイヤなのかは

分かりませんが、半端ではないグリップ力を持っています。

DSC_17991.jpg

タイヤ自体は2014年製だけど

サーキットを連続50分ぐらい

タイヤが高温になって走り続けちゃうと

戻ってきてから、あァ~やっちゃった~ってことになるんだよね。

DSC_18001.jpg

昔のポテンザのように、ブロックが

DSC_18041.jpg

ちぎれて、いなくなってしまいます。

カタログや性能比較では、大丈夫みたいなこと書いてあるんだけど

1日フリーの走行会は、楽しくてどうしても、

1回コースに入ると30~40分は軽く走り続けちゃうから

ブロックが高温になりすぎて、ちぎれちゃうんだよね。

普通の20~30分で走行時間を区切っている

サーキット走行会なら全く問題はありません!

どちらかと言うと一般公道向けのタイヤなので、峠道とか首都高などの

コーナーならグリップ性能は充分にあるタイヤがネクセンN9000と言うタイヤです。

普通に履くのならグリップ力でまず不満は出ないほどのグリップ力を持っています。

さらにこの大きなトレッドパターンで、静かなのにも驚きます。

1日フリー走行のサーキット走行だけは、30分走ったら

タイヤを冷やしましょう。

でも値段が安いから、1回で終わっても

全然OKですけどね(笑)

ちょっとテスト評価が特殊な条件なので

あくまでもサーキットの長時間走行の評価です。

峠道で、どんなに頑張ってもブロックが飛ぶようなことはありませんよ!

n9000

ネクセンN9000でサーキット性能・評価レビューでした。

実はNEXEN N9000は手に入らなくなってしまいました。

なのでサーキットで実力を発揮するアジアンタイヤは

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年05月31日

激安NEXENN9000タイヤ サーキット走行テスト評価レビュー アジアンタイヤでした