プロクセスR1RとADVAN ネオバAD08Rとのタイヤ性能比較!どっちがグリップするのか?
プロクセスR1RとADVAN ネオバAD08Rのタイヤ性能比較の前に

ランエボ専用、軽量ホイールのRPO3に、アドバンネオバAD08Rを組み付け
サーキットを走るので、軽量で強度のあるホイールを選びました。車はランエボ6なので、ブレンボキャリパーのため、専用ホイールです。

Rpo3

タイヤは、グリップタイヤのヨコハマアドバンネオバAD08Rです。日本もアジアなので、アジアンタイヤですね(笑)量販店ではAD08Rは、もの凄く値段が高いタイヤですが・・・(汗)大丈夫です!安く買えるところ、教えますので!ということで新品ホイールに、ネオバをセットして

Rpo3 neova

あとは、バランスを取って、ランエボ6に履かせます。

evo6

プロクセスR1RとネオバAD08Rとのタイヤ性能比較です。

サーキットでは、タイヤが低温でもある程度のグリップ力を発揮してくれます。低温では、プロクセスR1Rの方が上のグリップ力です。タイヤが高温になると本領発揮で、グリップ力はプロクセスR1Rと同等のグリップ力を発揮してくれます。ネオバAD08Rの方が、横剛性が高いので、初期応答性が良く運転が上手くなったように感じますが、タイム的にはほとんどR1Rと変わりません。ですが、溶けるタイヤの温度になると、R1Rは熱ダレをおこしズルズル感が出てしまい、タイムがほんの少し落ちるんですが、ネオバAD08Rは熱ダレをおこさず、タイムは安定します。なので、休憩をはさむ走行会で20分程度の全開走行なら、R1Rの方がタイムが出ますが連続40分全開走行になると、ネオバAD08Rの方が安定したタイムが出せますよ。あとタイヤの摩耗ですが、R1Rの方が、圧倒的に減りは早いです。ですので耐久面で見ると、ネオバAD08Rの方が上です。とくに、1500キロぐらいの車重になるとR1Rはサーキットで4時間走行で新品タイヤでも終わってしまうので1日フリー走行なら、ネオバAD08Rを履いた方がお財布に優しいです(笑)でも一つ問題が、値段が高いということ(泣)でも大丈夫です。さらにグリップしてくれて、値段が半分以下のアジアンハイグリップタイヤもあるんですよ。

激安なのにハイグリップなタイヤです。コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング
グリップタイヤ選びの参考にして頂けたら。うれしいです。

更新日:2020年06月14日

ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較!どっちがグリップするのか?でした。