ヨコハマタイヤのSドライブタイヤ性能は?乗った感想と特徴評価レビュー!

YOKOHAMA S.driveタイヤの特徴

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

S.drive(エス.ドライブ) 荒馬を乗りこなすようにパワフルな走りを極めるというよりも、

より快適に、スマートに確かな走りを楽しむこと。

そんな洗練されたドライビングスタイルを追求したタイヤです。

車を走らせることの楽しみが多彩に広がります。

というメーカーさんのセールストークです。

Sドライブタイヤ

YOKOHAMA S.driveのタイヤデザインを見てみましょう!

S.driveのトレッドパターンは、こんな感じ

Sドライブタイヤ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

Sドライブタイヤ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Sドライブタイヤ

YOKOHAMA S.driveの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

YOKOHAMA S.drive一般道評価レビューです!

一般道ではSドライブはどうなのでしょう。

試乗してみると、スポーツタイヤとは思えない静かさです。

乗り心地は良い部類に入りますが、やはりスポーツタイヤなので

硬さは出てしまいますね。

コーナーを攻めてみると、切り始めはとてもクイックという印象です。

グリップも街中では十分ありますね!

YOKOHAMA S.drive高速道路評価レビューです!

インターのキツイコーナーを攻めてみると

ちょっとクセがあるような感じです。

おそらく首都高を走れば、ハッキリするので

まずは高速道路のインプレです。

高速道路の合流手前でフル加速、速度が上がると

さすがにコンフォートタイヤのような静粛性ですまではありませんが

うるさいまでのノイズではありません。

どちらかというと、スポーツタイヤの中では

静かさはかなり高いです。

直進安定性は凄くあるので、高速道路は楽です。

レーンチェンジも、しっかりしていて、乗りやすいです。

YOKOHAMA S.drive首都高評価レビューです!

一番タイヤ性能が良く分かる首都高です。

継ぎ目のギャップが大きいので!

つなぎ目を何度か通過してみると、

チョット突き上げ感がありますが、収まりはイイですね。

この首都高でも直進安定性が良く、乗りやすいです。

さてコーナーを攻めてみると、切り始めはとてもクイックなんですが

ロールが最大になる付近で、ブロックヨレのような、多少グニャリ感が出ます。

でもグリップ力はあるので、キレイに曲がってくれますよ。

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤが流れ始めましたが、一気にリヤが出る訳ではないので

コントロール性はイイです。

YOKOHAMA S.driveのトータル評価は

グリップタイヤのように、過激なグリップ力はありませんが

トータルバランスが良く、静粛性を重視したスポーツタイヤです。

サーキットを走る機会もあったので、少しサーキット走行の時の感想です

新品時はコーナーに入ると、ブロックのヨレが気になりますね。

サーキットだと、ちょっとグリップが足りない感じで、

限界時のリヤのグリップがもう少し欲しいところで

ドリフトに、なっちゃうんですよね。

どちらかと言えば、ココが限界か~という感じです。

タイムアタックには、向きませんが

充分サーキットを楽しむことは、できるタイヤでした。

サーキットを前提に作られてはいないので(笑)

一般公道では、かなり快適なスポーツタイヤでした。

Sドライブは今では進化してADVAN FLEVA V701になりました

アドバン フレバ V701は⇒コチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考にして見てください。

おすすめアジアンタイヤランキング

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月14日

ヨコハマタイヤのSドライブタイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能評価レビューでした