縁石青ショート アジアンタイヤ

サーキット好きで、悩むのがタイヤの摩耗でタイヤ交換になる時ではないでしょうか!もうタイヤ交換か・・・

で気になるのが、次のタイヤ選びと、その値段です。う~ん、このタイヤを履きたいけど、

値段が高い~買えない(泣)何度も、悩みました。そこで安いサーキットタイヤはないのか?探してみました。

もちろんサーキットで試したハイグリップタイヤです。サーキット専用ではありませんので、

一般公道の走行もOKのサーキットタイヤです。サーキット専用のSタイヤのように、

タイヤ温度管理をしっかりしないとグリップが出ないタイヤではなく低温からでもある程度のグリップ力があるので、

公道でも安心して使えます。ですが、グリップオンリーのハイグリップタイヤなので乗り心地やロードノイズと言った快適性は全くありません。

うるさいし乗り心地も悪いタイヤです。快適性もという方にはオススメできないタイヤです。

快適性なんかいらない、値段が安くてグリップオンリーのハイグリップタイヤが欲しい方には最適です。

NANKANG AR-1

タイムアタックには最高のハイグリップタイヤです。国産ハイグリップタイヤの

半額ぐらいなのでチョット高いですがグリップは凄いです。Sタイヤ並のタイムが出てしまいました。

ただし、減りはSタイヤ並に早いです。1日フリー走行してしまうと、スリップサインが出てしまいました。

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

NANKANG NS-2R

おすすめハイグリップタイヤです。私も70スープラサーキット仕様に履かせています。

リピートは3回目です。値段が安いので思いっきり走れます。サイズラインナップも豊富です。

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

アジアンタイヤのハイグリップタイヤはSタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を持っていますが、

タイヤは一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります。狭い温度域によって、

グリップ力を発揮する特殊なコンパウンドを使っているのがSタイヤでさらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

Sタイヤは極力タイヤ自体を軽く作ってあります。一般道で使用するには、かなり気を使わなければならないタイヤ

S(セミスリック)タイヤです。安いアジアンタイヤから選び抜いたハイグリップタイヤは一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤは摩耗してくると、一般道でチョット大きな石を踏むだけでパンクしたりしてしまいます。

でもアジアンタイヤのハイグリップタイヤは一般公道でも使用できる強度を持っていますので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので一般道でも気をつかわなくて済みます。サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17日

安いサーキットタイヤを探しました!値段が安いハイグリップタイヤはあるんです!