縁石青アジアンタイヤ

安くてサーキットに使えるタイヤ

激安ですが、グリップがバッチリなスポーツタイヤをご紹介!スポーツタイヤテストはショートサーキットで行いました。
長時間走行で耐えるかもテストし、タイヤ性能比較をしました。安いアジアンタイヤなのですが、
サーキットを走れるタイヤはあるんです。今まであらゆる激安タイヤのスポーツタイヤをテストして来ました。
サーキット縁石赤アジアンタイヤJP
あくまでも『スポーツタイヤ』としてのランキングです。激安ハイグリップタイヤもご紹介します。
スポーツ゚タイヤランキングですが、50分連続走行してもブロック飛びがないタイヤというもの条件に入っています。
タイムはほんの少し速いタイムのタイヤも確かにありましたが、そのほとんどのタイヤが30分以上連続走行すると
熱ダレでブロック飛びがおきていて、その後はタイムダウンしたため楽しめないということに!
1日フリー走行には耐えないタイヤなので、あえて外してあります。
サーキットタイムアタックのタイヤランキングではありませんよ。
激安アジアン スポーツタイヤの特徴

ます考えていただきたいのが、国産ハイグリップタイヤ1本分でアジアンタイヤだと4本買えて、

さらにお釣りがきちゃうところです(笑)

サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!

これサーキット好きには、本当に悩みどころです。タイヤ代を安く済ませるため、

アジアンタイヤをテストしてきましたしこれからも、テストしていきます。

アジアンタイヤの中で、『スポーツタイヤ』と呼ばれているタイヤです。さて、値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

長時間安定して走れたスポーツタイヤランキング!サーキットでタイヤ性能比較レビュー

1位 BRIDGESTONE TECHNO SPORTS サーキット性能評価レビュー

BRIDGESTONE(ブリヂストン)TECHNO SPORTS(テクノスポーツ)タイヤ性能評価レビューは⇒コチラから

BRIDGESTONE TECHNO SPORTアジアンタイヤJP

ブリヂストンでこんなに安いスポーツタイヤがあったとはチョット驚きです。タイヤが冷えている時のグリップは悪くありません。

ですがスポーツタイヤとしては、グリップ力は少し足りない感じです。コーナー中に左足ブレーキで前荷重にしてみると

リヤの限界はこんなものなのというレベルです。いきなり流れるという限界の低さではありませんが

どうしてもブリヂストンのスポーツタイヤだと、ポテンザと比べてしまいますが、

残念ながらポテンザのようなダイレクト感とグリップ力はありません。

値段が違いすぎるので、比べる対象にするのが間違いですけどね(笑)

ですがこのテクノスポーツは、長時間連続走行でも安定して走れるところがイイです。

これ結構1日フリー走行になると、連続30分走行が当たり前になって来るので長時間安定して走れたのはウレシイです。

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSのタイヤサイズと値段は

コチラから⇒TECHNO SPORTS

2位 Pinso PS91タイヤ サーキット性能評価レビュー

Pinso PS91タイヤ性能評価レビューは⇒コチラから

BRIDGESTONE TECHNO SPORTSよりもタイムは多少良かったです。

グリップ性能は国産スポーツタイヤ並もしくは上で楽しめますね。

低温からグリップが出てくれるのはウレシイです。どちらかというとエアー圧を高めにした方がタイムが出ます。

グリップが高い分、標準エアー圧からのスタートですとヘアピンやS字の振り返しで、タイヤが倒れる

荷重負けをしてしまいますので、その分エアーと高めにしないとタイム出ません。

30分連続走行ですと、ちょっとグリップが落ちてきます。感じとしては、ヌルヌル外に抜ける感じが出てくるので

休憩タイムを取って、タイヤを冷やしたほうが安全ですね。でもグリップ力は充分あるタイヤです。

この点が1位と2位の順位のさになりました。国産スポーツタイヤと同等のタイムが出せます。ブロック飛びもなく、

グリップしてくれるタイヤでした。価格が安いのにこれだけのグリップ力があるなら大満足のタイヤです。

Pinso PS91タイヤサイズと値段は

コチラから⇒ピンソPS-91

3位 ATR SPORTタイヤ サーキット性能評価レビュー

ATR SPORTタイヤ性能評価レビューはコチラ

ATR SPORTって値段が安すぎるタイヤなので、どうなのかな~って思いながら試しました。いざ走り出すと、

タイヤが冷えているときは、グリップはでませんが温度が上がってくるとかなりいい感じでグリップしてくれます。

タイヤトレッドのヨレ感はありますが、それを踏まえてステアリングの切り初めをほんの少し早くすると、ラインに乗ってくれます。

流れてからのコントロール性もしやすく、値段からすれば大満足のタイヤです。

タイヤが溶ける温度になってくると熱ダレをおこしグリップは落ちてきますけどね!

50分連続走行でもブロック飛びは、ありませんでした。タイヤの温度が上がりすぎると、

ヌルヌル外に膨らみます(笑)性格はPinso PS91とよく似ていますが熱ダレはコチラのタイヤの方が弱いです。

ATR SPORTタイヤのタイヤサイズと値段は

コチラから⇒ ATR SPORT

4位 NANKANG NS-2タイヤ サーキット性能評価レビュー

ナンカンNS-2タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANGタイヤのスポーツタイヤは

サーキットではどうなのか?タイヤのトレッドパターンを見ると、ブロックが小さいので曲がるのか~と思っていましたが

これが結構曲がってくれます(笑)バランスはとてもイイです。

しかもブロック飛びもないし、減らない・・・(驚)ここまで楽しめて、減らないタイヤも珍しいです。

溶ける温度になると、かなりグリップは下がりますが値段を考えると、出来すぎです。

タイムアタックには向きませんが、1日楽しく走れる性能を持っていたとは、チョットビックリでした。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと値段は

コチラから⇒NANKANG NS-2

サーキット1日フリー走行でも安定して使えるアジアンスポーツタイヤの紹介でした。

もっとグリップが欲しい、本格的にサーキット楽しむなら

NANKANG NS-2Rタイヤ サーキット性能評価レビュー

このタイヤ私のお気に入りです。

ナンカンNS-2Rタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

ハイグリップタイヤとしては、価格が安いところが、うれしいです!

このNANKANG NS-2Rは、これからサーキット走行会の支流タイヤになりますね。

あまりのグリップの高さに思わず、管理人の70スープラにも履かせました。

このNANKANG NS-2Rのグリップ力と横剛性はハンパではありません。サーキットなら、

間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力はトップクラスです。

タイヤカテゴリー的には、完全にハイグリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産ハイグリップタイヤですと、ネオバ、R1R、ディレッツァ、ポテンザと言ったタイヤです。

横剛性、コントロール性、グリップ力、速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤがハイグリップタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入りなおかつ、

国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんがかなりグリップ性能が高く、

サーキットを楽しむには最高のタイヤです。さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、NANKANG NS-2Rの溝は8mmとSタイヤと比べると、

ライフがまったく違います。本当にSタイヤって、あっという間になくなりますから(汗)

NANKANG NS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方はしないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありません!サイズラインナップも豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと値段は

コチラから⇒ナンカンNS-2R

激安アジアンタイヤで、さらにサーキットでタイムアタックするならNANKANG NS-2Rのさらに上を行くグリップ力を持つハイグリップタイヤがあります。

アジアンタイヤ最強のグリップを誇る、NANKANG AR-1タイヤ

ナンカンAR-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

しかも、国産S(セミスリック)タイヤの1/2の価格で買えてしまいます。サーキットでタイムアタックしベストタイムを出したい方は

こちらを参考にしてください⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

このハイグリップランキングは、サーキットで30分間タイムアタックしベストタイム順にランキングしました。

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年04月06日

安くて評判が良いスポーツタイヤ人気ランキング サーキットでタイヤ性能比較レビューでした

コチラも参考に

アジアンタイヤJPが、今まで試乗した中で感動したアジアンタイヤをまとめました。

コチラから⇒安くて性能が良いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ!