A048

S(セミスリック)タイヤ アドバンA048コンパウンドM

JZA80スープラのタイヤが来ました。とくに富士スピードウェイを多く走っていたので

あっという間にタイヤがアウトタイヤの持ちがイイH(ハード)コンパウンドにしたいところですが、
A048
タイヤを暖まるまで、グリップがとても悪いのでやはりMコンパウンドを選びました。来たタイヤがコレ
アドバンA048
いや~太いですね。とにかく値段の高さにビックリ、国産タイヤってなんでこんなに値段が高いんでしょう。
縁石青アジアンタイヤ
インチごとに値段がハンパじゃなく、つり上がる。納得がいかないところですね!

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)はサーキットを速く走るためだけに作られているタイヤなので

タイヤの減りは、もの凄く早いです。まずは値段を確認してみてください。

YOKOHAMA ADVAN A048のタイヤサイズと価格はコチラから⇒YOKOHAMA A048

そのあとに参考にして頂きたい激安アジアンタイヤでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります。

2016年にアジアンタイヤからサーキットでも使えるハイグリップタイヤが発売されました。

その値段の安さに驚きますよ。
サーキットで長時間楽しむならコチラ⇒NANKANG NS-2R
タイムアタックならコチラ⇒NANKANG AR-1

アジアンタイヤ.jpのおすすめアジアンタイヤ、タイヤカテゴリー別ランキング

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年05月12

アドバンA048コンパウンドMのS(セミスリック)タイヤが来ました。でした!