鈴鹿サーキット
S(セミスリック)タイヤ アドバンA048コンパウンドM

JZA80スープラのタイヤが来ました。とくに富士スピードウェイを多く走っていたのであっという間にタイヤがアウトタイヤの持ちがイイH(ハード)コンパウンドにしたいところですが、
A048
タイヤを暖まるまで、グリップがとても悪いのでやはりMコンパウンドを選びました。来たタイヤがコレ
アドバンA048
いや~太いですね。とにかく値段の高さにビックリ、国産タイヤってなんでこんなに値段が高いんでしょう。
縁石青アジアンタイヤ
インチごとに値段がハンパじゃなく、つり上がる。納得がいかないところですね!Sタイヤ(セミスリックタイヤ)はサーキットを速く走るためだけに作られているタイヤなのでタイヤの減りは、もの凄く早いです。まずは値段を確認してみてください。YOKOHAMA ADVAN A048のタイヤサイズと価格はコチラから⇒YOKOHAMA A048
そのあとに参考にして頂きたい激安アジアンタイヤでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります。
2016年にアジアンタイヤからサーキットでも使えるハイグリップタイヤが発売されました。その値段の安さに驚きますよ。
サーキットで長時間楽しむならコチラ⇒NANKANG NS-2R
タイムアタックならコチラ⇒NANKANG AR-1
タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月07日

アドバンA048コンパウンドMのS(セミスリック)タイヤが来ました。でした!