コンフォートタイヤ
JZA161アリストにTOYO PROXES C1S装着、タイヤ性能比較レビューです。

プロクセスC1S

アリストに履いているダンロップのプレミアムタイヤのヴューロがヒビだらけになったので

ヴューロ

そろそろ交換しないとね。

ヴューロタイヤ

お疲れのタイヤを外して

ヴューロ4本

今回はトーヨータイヤのプレミアムタイヤ、プロクセスC1Sに交換です。

やはりプレミアムタイヤって、快適性が高いので乗っていて疲れないタイヤなんですよね!

C1S横

日本製です。

日本製

プロクセスC1Sのトレッドパターンはこんな感じ

C1S

高速道路での静かさが売りなので

こんなブロックの横にギザギザサイプの仕掛けまで

C1Sサイプ

トーヨータイヤさん、細かいところまで作り込んでいますね。アリストターボなのでタイヤサイズは、

225/55R16荷重指数は99のエクストラロードタイヤです。ちなみにヴューロは荷重指数94でした。ということで、

プロクセスC1Sのインプレです

街中は、ごく普通な静かなタイヤかな荒れてる路面の静かさは、これちょっと今までにはないかも、

でも静かさトータルでは、スポンジ付きの方が静かです。街中の乗り心地は、柔らかいけど路面の追従性が特別あるわけでもなく普通です。

さて高速道なんですけど、これは期待以上の性能が路面の継ぎ目を何度も試してみると時速78キロから上の速度になると

このタイヤいきなり追従性が良くなって乗り心地もイイし、とくにビックリしたのがなんだこの直進安定性、これ抜群です(驚)

なんだか高性能スプリングを入れたみたいな追従性になり、車両の安定性が増し全然ふらつかないんですよね。

そのため、直進が保たれて運転がメチャ楽チンでした。ここまで直進安定性があるタイヤって珍しいかも。ステアリングを握る力がいつの間にか緩んでいましたね。

東名高速

さて、縦のグリップだけどブーストを上げてフル加速、今の気温だと、グリップしなくなるんですがグリップは、

予想の範囲内、でもなかなかかな。特別グリップするな~でもなくまあ、こんなもんでしょうという感じ、

さて問題の横のグリップですが、このタイヤは、ちょっと性格があるタイヤです。

切り始めはメチャ柔らかい感じがしてちょっと不安感があるんですが、横Gが掛かって、

スプリングが縮んで荷重移動が安定してからさらに切り足していくととてもカッチリ感が出るんですよね!それなら・・・

もうちょっと速度上げてみるか???そして、コーナー中の継ぎ目もいつもなら、ちょっと不安定になり、

ステアリングで修正するんですが、修正なしで走れちゃいました・・・でかいギャップの追従性はメチャいいし、

横のグリップと安定性は抜群です。何かタイヤの構造の違いなのか?このタイヤ高速の乗り心地と静かさより

高速時のコーナーリングの安定性と直進安定性の方がとくに優れていると思いますけ、。そういうタイヤでした。

昔、運転が楽っていうタイヤがありましたが、このプロクセスC1Sって、一般道では、ごく普通ですが高速道路の運転はメチャ楽ですよ。

ミニバン用タイヤのノウハウが入っているみたいですが、セダンにも、その技術、有りですね。

高速道路を頻繁に使う方にはオススメなタイヤですが手に入らなくなってしまいましたので、

こちらも参考に

アジアンタイヤでもプレミアム性能をもつタイヤが激安であります。

コチラから⇒プレミアムタイヤランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです

更新日:2020年09月21日

TOYO PROXES C1Sのタイヤに乗った特徴と特徴 タイヤ性能比較レビューでした!