ROADSTONE CP672
ROADSTONE(ロードストーン)CP672タイヤの特徴

ROADSTONE(ロードストーン)は、韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されています。ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

ROADSTONE CP672(シーピーロクナナニー)は、静粛性、快適性、デザイン性に優れた

ハイパフォーマンスコンフォートタイヤです。燃費性能、高速安定性、耐久性にも優れています。

赤いMINI

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ROADSTONE CP672のタイヤデザイン

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)インチサイズ(13インチ~18インチ)

ROADSTONE CP672のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ROADSTONE CP672の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ROADSTONE CP672のタイヤ性能比較レビュー

トレッドパターンを見ても、ブロックが細かいデザインこれは、コンフォートタイヤである証です。

さて試乗してみると、かなり静かな印象を受けます。速度を上げて行っても、その静かさは保たれますね。

乗り心地もすごくマイルドで、ゴツゴツ感はまるでありません。乗り心地と静かさはかなりいいレベルで、マイルドです。

国産コンフォートタイヤに引けを取らないレベルです。さてコーナーを攻めてみると、ちょっとビックリ、

このクイック感と剛性は何?タイヤをホイールに組む時はROADSTONE CP672ってサイドウォールが凄く柔らかくて

これだと横剛性がなさそうと思いましたが、走ってみると、横剛性もあり、

ステアリングレスポンスも1テンポも遅れることなく気持ちよく曲がって行ってくれます。

どちらかというと、プレミアムタイヤと言われても分からないレベルのタイヤかも!

プレミアムタイヤだと、やはり高速でのグリップと静かさが絶対条件ですけどね。ということで、

東名高速を通ってそのまま首都高にGOです

速度が高速になると、やはりプレミアムタイヤとの差がでますね。気にならないレベルですが、パターンノイズが入ってきます。

東名高速

 

ちょっと書けない速度ですが(汗)通常の速度なら合格点ですよ!さていよいよ高速コーナーですが、

コレがまたキレイに曲がってくれます。グニャリ感も抑えられているのにはビックリならばと思ってコーナー中に

左足ブレーキで前荷重にしたりイロイロ試したましたが、横剛性とグリップもマルです。

ホォ~このROADSTONE CP672って、初めて乗りましたがどちらかというと、プレミアムタイヤのレベルです。

ネット上の評価の中で、高速性能はあまりよくない評価でしたが実際乗ってみると、高速性能はかなり高い結果でした。

やはりタイヤって実際乗ってみないと性能は分かりませんね!乗り心地と静粛性は抜群です。静かさを求める方にはオススメなタイヤです。

ROADSTONE CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月11日

ROADSTONE(ロードストーン) CP672タイヤに乗ったタイヤの感想と特徴 タイヤ性能比較レビューでした!