タイヤホイール

PIRELLI P ZERO PZ4タイヤの特徴

PIRELLI P-ZERO PZ4(ピレリ ピーゼロ ピーゼットフォー)は、究極のカスタムメイドパフォーマンスを追求し、静粛性と転がり抵抗の改善、ウェットコンディションにおける安全性が向上しました。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(18インチ~21インチ)

PIRELLI P ZERO PZ4タイヤ試乗した感想レビュー

車は200系クラウン3.5Lアスリートです。こんなに高級なタイヤが買えるのか~うらやましい。

さて走り出してみると、このPIRELLI P ZERO PZ4はメチャ静かです。街乗りをしていても、

トレッドパターンを見た時はそこそこの静かさなんじゃないのかな~と思いましたがこの静かさには、驚きますね。

タイヤって、ここまで静かに作れるものなのか、改めて驚きました。乗り心地も、19インチなんですが、もの凄くイイです。

19インチでこの乗り心地を出せるタイヤは、今まで乗ったことがありません。今までPIRELLIだと

P7ばっかり乗っていたのでまあこんなもんでしょうなんて思っていたらこのPIRELLI PZEROPZ4は別格のタイヤなのかも知れません。

さてコーナーを攻めてみると、この乗り心地からするとコーナーで多少ふあふあ間が出るんじゃないかと思っていましたがまったくそれがありません(驚)

何度もコーナーを攻めて確かめましたが切り初めから、どこのラインを通るか、予想ができるタイヤです。

なんだろうね~このタイヤは?さてETCゲートを抜けて、インターのキツイコーナーに入って切り込んでみてもスパッと向きを変えてくれます。

足回りはノーマルなんですけどね。

東名高速

高速に合流手前でフル加速、トラクションコントロールはもちろんOFFで縦のグリップ力もありますね。

次のETCゲートを過ぎた後、キックダウンしてローギヤの時にグリップするかですね。3.5Lアスリートだと、

ノーマルタイヤでは、トラコンをOFFでフル加速するとグリップを完全に失うからね。ETCゲートを抜けてキックダウン、

多少タイヤは泣きましたがグリップして加速してしまいました。マジか~グリップしじゃうのかよォ~もしかしてこのタイヤ、

グリップ力も相当あるかもその前に高速道ではどうなのかですね。速度が上がっても静かさは保ったままです。

パタンノイズも大きくなりません。乗り心地は高速の方が、イイ感じです。直進安定性も抜群だし、

しか~しレーンチェンジはチョット驚きこのタイヤ、速度が上がると、かなり機敏に反応しますね。なんだか不思議な感覚です。

さていよいよ首都高でのタイヤ性能は、どうなのでしょう!

首都高速

路面の継ぎ目の突き上げ感もキレイにおさまります。普通19インチだと、首都高の大きな継ぎ目で、結構ゴツゴツ来るんだけどね。

さてコーナーです。切りはしめから、スパッとフロントが入ります。縦のしなやかな乗り心地とは、全く性格が違いますね。

横に対しては、しっかりし過ぎてる、そしてグリップ力ですがグリップタイヤのカテゴリーに入るグリップ力を持っています。

ハイグリップタイヤほどのダイレクト感はありませんが完全にグリップタイヤのグリップ力がありますね。2速高回転でコーナー中に

アクセルオンオフ又は左足ブレーキで大きく荷重移動させても、リヤが安定していて安心感がもの凄くあるタイヤでした。

なんだか、このタイヤ、欠点が見当たらない。今回のPIRELLI P ZERO PZ4ですがとても不思議なタイヤでした。

静かさはもちろんですが、乗り心地の良さは、タイヤの縦の柔らかさなんですが19インチとは思えないぐらい乗り心地がイイのと速度が上がってくると、

乗り心地が良くなるのもスゴイですがタイヤの性格が変わり、ステアリングに対して敏感に反応するようになるしグリップ力の高さにも驚きました。

プレミアムタイヤって、普通はコンフォートタイヤとスポーツタイヤの両方を兼ね備えているんですがPIRELLI P ZERO PZ4は、

コンフォートタイヤとグリップタイヤの性能を兼ね備えているタイヤでした。縦に柔らかく、横に硬くを高次元で融合させているタイヤです。

チョット今までのタイヤとは、次元が違うプレミアムタイヤということが分かりました。

ピレリーP ZERO PZ4のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒PIRELLI P ZERO PZ4

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年01月09日

PIRELLI P ZERO PZ4タイヤのタイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能評価レビューでした。