NANKANG NS-2

NANKANG NS-2とNS-20の雨路面性能比較レビュー

ウエット路面を走る機会があったので、ウエット路面テスト性能比較してみました。一般道ですが、ウエット路面の場合、白線に乗るとウエットグリップ力が良く分かります。白線の上は、アスファルトよりウエットになるとかなり摩擦係数μが減るので!ウエット路面を走行テストして見るとさてどちらがウエット路面が強いのでしょう?

タイヤのトレッドパターンはこんな感じ

コチラがNANKANG NS-2

そしてこちらがNANKANG NS-20

どちらも回転の方向性のあるトレッドパターンでウエット路面には強そうですが、実際のところはどうなんでしょう。

実際にウエット路面を走行テストして見ると

この差は歴然、ウエット路面に強いのはNS-20です。NS-20はかなりレベルが高いウエット性能です。NS-2はどちらかというと、ウエット路面は弱いレベルですね。NS-2の方は、国産のエコタイヤが発売された時ぐらい、ウエット路面は弱いです。大雨時ではなかったので、トレッドパターンというより、コンパウンドの違いによりウエット路面は、滑りやすいという感じです。ドライグリップがあるから、ウエットもグリップするだろうと思ってしまうと大間違いですね。ドライ路面のグリップ力は、もの凄くあるのにドライ路面からウエット路面に変わった時は、タイヤの性格が一気に変わるので、注意が必要ですよ。NANKANG NS-2とNS-20のトータル評価比較ドライ路面のコーナーを楽しく走るなら、NS-2です。高速道路を快適に走るなら、NS-20でしょう。どちらのタイヤも、ドライグリップはスポーツタイヤの性能を持っています。ただしウエットに関しては、NS-2は要注意です。国産ECOタイヤの出始めの時のECOタイヤもウエット路面のグリップは悪かったのですが、そのぐらいNS-2はウエット弱かったです。ウエット路面になったら、速度を落として、走行しましょう。

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

タイヤ選び参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2とNS-20のウエット路面タイヤ性能比較でした。

ドライ路面の性能比較はコチラから⇒NANKANG NS-2とNS-20性能比較

更新日:2020年06月10日