大阪駅

NANKANG (ナンカン)ECO2+タイヤ

nankang-eco-2

NANKANG ECO-2 +[Plus](エコ・ツー プラス)は、ドライグリップ性能とウェット性能を重視したエコタイヤです。4本の縦溝により排水性を高め、ハイドロプレーニング現象を抑えます。センターブロックの強化により、高いコーナリング性能を発揮します。また、ECO-2と比較し、コンパウンドを改良することでより燃費性能が向上しています。というイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(ECOタイヤ)

インチサイズ(12インチ~19インチ)

NANKANG ECO-2 +のタイヤデザイン

NANKANG ECO-2 +のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG ECO-2 +の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG ECO-2+タイヤ性能 試乗 感想 評価レビュー

ナンカンECO-2が進化してECO-2+になりました。なかなか試乗できる機会がありませんでしたが知り合いが、NANKANG(ナンカン)ECO2+を履いてくれたので試乗することに(喜)NANKANG ECO2は以前、レビューしましたが、ちょっとECO性に掛けるかなと言ったところです。でもタイヤの基本性能はバッチリだったので!

でもチョット腰砕け感があったり、少し不満点もありました

さてECO2からECO2+になって、どう変わったのでしょう?試乗してみると、おッ・・・静かさは増していますね。乗り心地はスタンダード、標準という感じです。コーナーを攻めてみると、以前のECO2の不満点のグニャリ感と腰砕けは改善されて、しっかりした感じで、気を使わなくて走れますね。この改善はウレシイです。さてECO性ですが、ある速度から、ある速度までニュートラルで減速しタイムを計ります。もちろん、毎回測定する道路は同じ道路ですよ(笑)タイムが長くなれば長くなるほど、転がり抵抗が少なくECO性があるタイヤということになります。誤差を少なくするため3回測定してみました。今まで、国産ECOタイヤのデーターと照らし合わせると

ナンカンECO2+のエコ性能は

ラベリング制度の評価的に説明するとAとAAの中間ですが、AA寄りという結果でした。ナンカンECO2の時は、ギリギリAでしたが今回のECO2+は、かなりECO性が上がり転がり抵抗が少なくなっている結果ですね!ECOタイヤなので、高速道路と首都高試乗テストまではしませんが、街乗りではかなり快適でECO性のあるタイヤでした。メーカーさんのセールストークとバッチリ合った感じですね!

ナンカンECO-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG ECO-2+

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年06月17日

激安NANKANG ECO2+(ナンカン エコツープラス)タイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能はこんな感じです。でした!