NANKANG NS2R
アジアンタイヤのハイグリップタイヤNANKANG NS-2Rの実力はどうなのか?

このJZA70スープラにNANKANG NS-2Rを履かせ、今回はトータル4時間、高速道路と首都高を走ってきました。

その前に一般道の走行ですが、これがまた快適性0%と言ったところでしょう。

静かさなし、乗り心地悪い、というように快適性は、ほとんどないタイヤです。逆に言えば、グリップオンリーのタイヤですよ!

グリップタイヤって、冷えている時は、グリップしないという特性があったんですが、これをトーヨータイヤの

プロクセスR1Rというタイヤが打ち破ってくれました。タイヤが低温でもグリップ力を発揮してくれます。

サーキットを走り慣れている方から見れば、あいつサーキット初めてか~???って思われてしまいますが、

サーキットでは、R1Rって、1周目から限界走行イケちゃいます。

R1Rサーキット

このR1Rのグリップ力はもの凄く、私もR1Rを履いて富士スピードウェイを走りましたが、

タイムを見てビックリ、S(セミスリック)タイヤの2秒落ちでしたが、一般ラジアルではあり得ないタイムでした。

その後ヨコハマタイヤからネオバが発売され、履いて富士スピードウェイに!日本製タイヤの一般ラジアルタイヤでは、

トップのタイムが出ました。でも、タイヤも価格が高いんだよなァ~(汗)ショートサーキットでは、R1Rの方がタイムは、

ほんの少し良かったです。こういうことを経験し、今回NANKANG NS-2Rの激安タイヤを、履いてみました。

以前にも書きましたが、本当はNANKANG AR-1を履きたかったのですが、サイズがなく、NS-2Rにしました。

さて以前はAE101レビンサーキット仕様にNANKANG NS-2Rを履いてテストしたんですが、車重に対して、

タイヤのグリップがオーバー過ぎて、限界が分からないという結果に(汗)レビンでもそれほどグリップ力が

スゴイタイヤだということだけは分かりました。で今回は、私のJZA70スープラで、テストすることにエンジンパワーは、

サーキットではないので360PSに押さえてあります。

nankang-ns2r-70-1

走り終えて、思わず笑顔が出てしまいました。とにかく縦のグリップも凄く、セカンドでもタイヤが暖まると

スリップせずに加速してくれます。ネオバでもグリップしなかったのに~このNANKANG NS-2Rの縦のグリップは何もの?

さてコーナーですが、これもスゴイの一言ヤバイ速度でステアリングを切り込んだ瞬間から違いが分かります。

そのグリップ力と剛性感は、Sタイヤが溶ける温度の手前の感覚そのものです(驚)これが公道も走れる一般ラジアルタイヤなの???

それほどNANKANG NS-2Rというタイヤは走る、攻めるに関しては、ずば抜けているタイヤでした。ですが、

摩耗はとてつもなく早いです。感覚的には、Sタイヤ並に減りますね。でもSタイヤは、新品で溝が5mmですが

NS-2Rは7mmあるので、おそらくサイズによってだと思いますがSタイヤよりはライフが長いという感じです。

グリップオンリーのタイヤには間違いありません。初めにも書きましたが、快適性はまったくありませんよ。

でもグリップを求める方には最高なタイヤです。この性能で値段が安いから選んでしまいますよね。

1度履いたら、戻れなくなるのも分かります。何しろ国産ハイグリップタイヤ1本分で、4本買えちゃうんですから、

走り屋には、たまらないタイヤがNANKANG NS-2Rというタイヤだということが、良~く分かりました。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

走り屋の皆さん、NANKANG NS-2Rのグリップと剛性は、本当にスゴイです。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年10月16日

激安NANKANG(ナンカン)NS-2Rを履いたJZA70スープラでタイヤテストに行ってきました。でした!