アリストタイヤ交換終了
アリストのタイヤをMOMO OUTRUN M3に履き替えました。
アリストにコンフォートタイヤは初めて履かせます。
今までレグノ⇒デシベル⇒ヴューロ⇒プロクセスC1Sという感じで、
プレミアムタイヤしか履いてきませんでしたので、今回は静かさと乗り心地がとっても良かった、
MOMO OUTRUN M3タイヤに決めました。
初めてMOMO OUTRUN M3タイヤに乗った時、このしなやかな乗り心地は何???と感動してしまいました。
高速ではこの直進性は何という感動も、そしてグリップもあり、なんていうかコンフォートプレミアムタイヤという感じで
とても疲れない快適なタイヤだったからです。
首都高のコーナーは初期応答性はプレミアムタイヤの方が良いのですが、
ステアリングを切り込むと反テンポ遅れますが、そのあとのグリップの安定性も抜群だったので、
これは運転が楽なタイヤだな~と感動してしまいました。ということで今回はMOMO OUTRUN M3タイヤにしました。
タイヤサイズは225/55R16の純正サイズです。

MOMO OUTRUNM3

このタイヤサイズ4本で、送料込みで30,000円で、おつりが来ちゃうんですから、どれだけ安いんだよ~という感じです。

でも消耗品は安くて良ければ満足ですよね!タイヤ代節約です。ちなみに嫁のカローラフィールダーには、MOMO OUTRUN M1を履かせています。

今まで履いていたプロクセスC1Sですが、

さすがに長年使っていたので、トレッド面にヒビが入るぐらい、カチカチになり、

雨の日は本当にグリップしてくれなくなったので、タイヤを交換することに!

プロクセスC1S

距離は走らないので、溝はたくさん残っていますが、ウエットグリップが危険になったので!交換です、今までお疲れさまでした。

MOMO OUTRUN M3タイヤに交換して

MOMO OUTRUNM3タイヤ交換

アリストに取り付けです。

アリストタイヤ交換

さすがに古さは、隠せないですね!なんといっても平成9年車ですから!

アリストタイヤ交換終了

タイヤ交換終了です。

自分の車だとタイヤ性能が思いっきり分かりますね!

初めてコンフォートタイヤを選びましたが、プレミアムタイヤよりやはり、乗り心地の面ではコンフォートタイヤの方が良いです。

そして静かさもメチャ静かで、この静かさというのは、タイヤと車とのマッチングもあるので、このタイヤは静かですとは、

一概に言えないところもあるんですよね!弟の50プリウスにブルーアースGTを履かせたら、ブルーアースは静かなタイヤのはずでしたが、

車とのマッチングが悪かったのか、メチャうるさかったという経験もあります。ブルーアースGTに履き替えたばかりの弟にアリストを載せたら、

何だこの静かで乗り心地が良いタイヤは~って、感動していました。弟もどちらかというと、プレミアムタイヤ派だったので、

今回コンフォートタイヤのMOMO OUTRUN M3がとっても気にいったみたいで、このタイヤ俺も履きたいと、注文していました。

タイヤが安いので即ネットから注文していましたよ(笑)ハイブリッド車だと、うるさいタイヤは、とても気になるみたいですね!

それにしてもイタリアのタイヤ技術は凄いです。でも中国の工場で生産することで低価格を実現している高性能タイヤです。

もしダメなタイヤなら、MOMOブランドに傷がつきますしね!もちろんイタリアの生産機械を使って、イタリア品質できちんと管理されていますよ。

M#

それはサイドウォールの仕上りの美しさにも出ています。

MOMO OUTRUN M3のタイヤサイズと値段は

コチラから⇒MOMO OUTRUN M3

更新日:2020年09月12日

MOMO OUTRUN M3タイヤをJZS161アリストに履かせました。