タワマン
MOMO OUTRUN M-2タイヤ

ステアリングで有名なMOMO!前回は、MOMO OUTRUN M-1(モモ アウトラン エムワン)に試乗して、今回、MOMO OUTRUN M-2(モモ アウトラン エムツー)に試乗させていただくことに車はウイッシュ、タイヤサイズが前回と同じ195/65R15なので評価しやすいです!

MOMO OUTRUN M-2タイヤの特徴

MOMO OUTRUN M-2
MOMO OUTRUN M-2のタイヤカテゴリーはスタンダードタイヤでイタリアブランドですが、製造国は中国です。これにより低価格を実現しています。MOMO OUTRUN M-2(アウトラン エムツー)は、排水性に優れている為、ドライ、ウェット両方で安定した走行が可能。また転がり抵抗も抑えている為、燃費性能にも貢献。高いグリップ性能と環境性能を高い次元で融合させたタイヤです。というタイヤメーカーさんのセールストークです。
タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ
インチサイズ(14インチ=16インチ)

MOMO OUTRUN M-2のタイヤサイズと価格はコチラから⇒MOMO (モモ) OUTRUN M-2

MOMO OUTRUN M-2のタイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-2のトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じ

MOMO OUTRUN M-2の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MOMO OUTRUN M-2のタイヤサイズと価格はコチラから⇒MOMO (モモ) OUTRUN M-2

MOMO OUTRUN M-2タイヤ試乗性能評価レビュー

一般道で乗ってみると、これも静かなタイヤというのが第一印象です。乗り心地は、サイドが柔らかいのか、ゴツゴツ感もまったくありません。コーナーに入ると、切り初めはチョット柔らかいかな・・・タイヤサイズ的にも、もう少し横剛性があってもイイのかなという感じです。でもグリップ感はしっかり伝わってくるタイヤですね。さて、ECO性はどうなのかな?いつも測定する道路に行って、速度を合わせてアクセルオフと同時にニュートラルに!タイム計測開始速度が20キロ落ちたところで、タイム計測終了です。タイムを見ると、なるほど・・・このMOMO OUTRUN M-2はECOタイヤのレベルです。ラベリングの転がり抵抗ランクでは、AAとAの中間の転がり抵抗でした。さて一般道は分かったので、高速道路へGOです。いつものインターチェンジのコーナーでは

MOMO OUTRUN M-1よりM-2の方が、グリップしますね!

合流手前から加速して、80キロを超えてもM-1は、この速度付近から、パターンノイズが多少大きくなったんですがM-2は、静かさを保ってくれますね 100キロでの直進安定性もバッチリです。車線変更時、ちょっとフラツキがありますが、タイヤサイズが195/65R15なので普通ですね!
アメリカ高速
さてそのまま首都高に入って、高速コーナーはどうなんでしょう?継ぎ目の多い首都高ですが、突き上げもなく、収まりもイイです。そして静かなところが評価高いです!コーナーを試してみると、充分なグリップ力を示してくれます。かなりグリップ力がある感じで、いつのようにコーナー中左足ブレーキで前荷重にして、タイヤをイジメてみてもラインが外れないグリップを持っているのには驚きました。トレッドパターンを見ると、そんなにグリップがあるタイヤには見えなかったんですが、見た目と走りは違うタイヤです。スタンダードタイヤと言っていますが、レベル的にはコンフォートスポーツタイヤと言ったところかな!値段からすれば、出来過ぎたタイヤというのが感想ですね!おそらくMOMOがタイヤを出しているとは知らない方が多いと思いますが、この性能のタイヤ、認知度が上がれば、メチャ売れると思います。

MOMO OUTRUN M-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓
MOMO (モモ) OUTRUN M-2

値段を見たら、その安さに驚きます!
タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月15日

MOMO OUTRUN M-2のタイヤに乗った感想と特徴でした。