並木道

MOMO OUTRUN M-1(アウトラン エムワン)の特徴

MOMO OUTRUN M-1

転がり抵抗を抑え、静粛性にも優れています。3本の縦溝により排水性も確保されているので、ウェット時でも安定した走行が可能です。というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(13インチ~15インチ)

MOMO OUTRUN M-1のタイヤデザイン

MOMO OUTRUN M-1の

タイヤ正面、トレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

もちろんイタリアの技術ですが、中国で生産されています。でもこの手の生産パターンは、もはや日本タイヤメーカーでも当たり前になりインドネシア生産は、かなり多くなっています。MOMO OUTRUN M-1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MOMO OUTRUN M-1タイヤ試乗性能 評価インプレです

試乗した車は、ハイブリッドの30プリウスタイヤサイズは195/65R15です。乗ってみるとかなり静か、乗り心地も悪くありません。ちょっと柔らかい感じかな!ECO性を調べるために、アクセルオフ時、ニュートラルにシフトしてみるとアクセルオフでもECOがあるタイヤで速度の落ち方を計測するとラベリングの転がり抵抗ランクでいうと、AAにギリギリ届くぐらいです。でもかなり転がり抵抗は少ない感じを受けますね。
アクアライン
さてコーナーはどうなのかな?切り初めは柔らかい感じなんですが荷重が外側に乗ると結構しっかり感がありグリップもイイ感じです。街乗りならかなりコンフォート性が高いタイヤでした。この性能だと、高速テストかな!

高速道路と首都高にGOすることに!

さてインターチェンジのコーナーではかなりイイグリップを示してくれます。一般スタンダードタイヤでは60キロだとかなり厳しいコーナーなんですがすんなりと曲がってくれます。さて合流から一気に加速、すると???う~ん・・・なんだか???80キロを超えた当たりからチョットタイヤノイズが!速度をさらに上げて行くとさらにタイヤノイズが目立つようになってきました。もともと、30プリウスは、フロントのタイヤノイズが結構ダイレクトに入って来る車なんですよね、高速走行のノイズがちょっと気になる感じです。と言っても、うるさくて乗ってられないというレベルではありませんよ!
ジャンクション
あくまで、速度が上がった時、多少ノイズが気になる程度です。とにかく今時のタイヤは、スタンダードタイヤでもコンフォートタイヤ並みの静かさが普通になってきたのでチョット静粛性に関しては、気になるかなというレベルです。嫁のカローラフィールダーに履かせているのですが、このM1とのマッチングすこぶる良く、高速道路でもとても静かだったんですが、やはり車によって、タイヤノイズを売り消す周波数が違うので、今回はハズレだったのかもしれません。と言っても乗り心地は凄くイイんですけどね。さて首都高でのコーナーはどうなんでしょう?コーナーに入ってみるとコレイイね!切り初めからクイックでかなり楽しいタイヤです。スタンダードタイヤと言っていますが、かなりスポーツ性に振っているみたい。コーナー中の安定性もイイし、振り返しの収まりもイイです。どちらかというと、ただのスタンダードタイヤではなく走りを楽しめるスポーツタイヤとして発売した方が正解かも知れません!そうすれば高速ノイズもしょうがないという判断をしてくれるのに~これで高速ノイズがもう少し静かならかなりいい評価になるタイヤでした。それにしても、これだけの性能を持つタイヤがこんなに安くていいの?というのが一番の感想ですね!コスパから見れば、大満足のタイヤでした。

MOMO OUTRUN M-1タイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-1

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年06月18日

激安MOMO OUTRUN M-1タイヤに乗った感想と特徴 アジアンタイヤでした!