青車タイヤ
FALKEN ZIEX ZE912タイヤの特徴

インチサイズ(14インチ~18インチ)

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

欧米を中心にタイヤの販売を行う日本のグローバルタイヤブランドFALKEN(ファルケン)。「勝つためのタイヤ」として

サーキットで培った技術を市販タイヤに応用し、日本を代表するブランドとして、新たな飛躍を遂げています。

ジークス ZE912は、高速性能と静粛性に優れたスポーティーコンフォートタイヤです。というメーカーさんのセールストークです。

FALKEN ZIEX ZE912のタイヤ性能評価レビュー

ファルケン ジークス ZE912はタイヤの剛性があるためミニバンに人気があるタイヤです。試乗してみると、

乗り心地は、コンフォートタイヤとしては硬い部類に入りますね、変な突き上げ感ではなく、剛性があって多少ゴツゴツ感がある感じです。

ミニバンにはコンフォートタイヤとして通用しますがセダンでこの硬さだと、ちょっとコンフォートタイヤの乗り心地とは言えないかも知れません。

どちらかと言えば、スポーツタイヤの乗り心地ですね。今回は70ヴォクシーなので、なかなかマッチングはイイ感じです。

コーナーを攻めてみると、腰がある感じでグニャリ感もありません。

さてETCゲートを抜けて高速道路へ

東名高速

速度が上がっていくと、なるほどコンフォートですね。とてつもなく静かという訳ではありませんがパターンノイズは気にならないレベルで静かです。

レーンチェンジの時やの大型トラックを抜かす時もフラツキはなく、やはりこのZE912は横剛性がありますね。どちらかと言えば、

ミニバンタイヤのカテゴリーで出せば良かったのに~と思ってしまうほどです。さてそのまま、継ぎ目の多い首都高に入るとこの硬さなのに、

継ぎ目を超えると収まりがイイです。街中のゴツゴツ感がウソのように収まってくれます(驚)もしかし結構高速向きに作ってあるのかな?

首都高のコーナーを攻めてみると、切り初めの反応はとてもイイ感じコーナー中荷重が外側のタイヤに掛かってもかなり踏ん張ってくれます。

ちょっとヤバイ速度で入ってみると、タイヤが泣き出し左足ブレーキで前荷重にしてみると、あッ・・・そこまでのグリップ力しかないのか~という感じです。

通常の運転では全く問題はありませんがスポーツタイヤカテゴリーに入るグリップ力はありませんでした。でもトータル性能は、

ミニバンタイヤと言ってもまったく問題ないレベルでした。このジークスZE912タイヤはタイヤカテゴリーがコンフォートタイヤでしたが

コンフォートミニバンタイヤが正解なのかも知れません。

ファルケンのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒FALKENタイヤの種類

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月07日

FALKEN ZIEX ZE912のタイヤに乗った感想と特徴でした。