ATR Economist
インドネシア製タイヤのEconomist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの特徴

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの性能経済性、耐久性に優れたタイヤです。

転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、優れた燃費性能と経済性を発揮します。

インドネシア海

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ekonomisutoATR-K

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ~18インチ)

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Economist ATR-Kの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Economist(エコノミスト) ATR-K ECOタイヤ性能評価比較レビュー

試乗してみると、とってもマイルドな乗り心地のタイヤです静かさもなかなかのタイヤで、

不満は全くありません。スタンダードタイヤ(標準タイヤ)ということなのですが

アクセルオフの時に、なかなか速度が落ちないこれECOタイヤの特徴を持っているタイヤです。

ラベリングの転がり抵抗AAまで届かないぐらいの転がり抵抗かな、

タイヤカテゴリーがスタンダードでしたがECOタイヤでもイイような転がり抵抗です。

さてコーナーですが、攻めるタイヤではありませんコーナー途中で腰砕け感が出てしまいますが

グリップ力は、スタンダートタイヤとしては高いタイヤです。

Econmist ATR-Kタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓ 

Econmist ATR-K

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年08月26日

インドネシア製 Economist(エコノミスト)ATR-K タイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能評価レビューでした!