DAVANTI DX240
DAVANTI DX240タイヤの特徴

DX240(ディーエックス240)タイヤは、ドライ&ウェットグリップに定評のある力強い走りが堪能できます。

また、静粛性に優れた静かな乗り心地です。

ヴィッツ

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)

インチサイズ(13~14インチ)

 

DAVANTI DX240のタイヤデザイン

タイヤトレッドパターンはこんな感じ

DAVANTI DX240

タイヤサイドはこんな感じ

DAVANTI DX240サイド

タイヤのショルダーはこんな感じ

DAVANTI DX240

DAVANTI DX240タイヤサイズと値段はコチラから⇒DAVANTI DX240 

DAVANTI DX240タイヤに乗った特徴と感想 一般道タイヤ性能評価レビュー

初めて乗るタイヤメーカーのDAVANTI タイヤ、イギリスのタイヤメーカーが作るタイヤって、

サイドウオールの仕上りが本当に美しいんですよね!DAVANTI DX240タイヤに乗ってみました。

乗り始めは静かで、乗り心地が凄くマイルドな印象です。これでスタンダードタイヤと言うのは結構レベルが高そうです。

イロイロなところを走り、路面の悪いところも走りましたが、とっても静かで乗り心地も良く、突き上げ感もありません。

なんだかコンフォートタイヤに乗っているみたいです。コーナーを攻めてみるとこれもちょっと驚き、

グリップもかなりあるタイヤということが確認できました。これが標準のスタンダードタイヤと言うなら、

コンフォートタイヤはどれだけ静かなんでしょうと思ってしまいます。街中ではとても満足なタイヤでした。

DAVANTI DX240の高速道路タイヤ性能評価レビュー

高速道路はどうなのでしょう?ETCゲートをくぐって、きついコーナーへ、ほォ~なるほど、

なんだかこの感覚に似ているタイヤがあったな~それはさておき、

東名高速

高速の合流手前からフル加速そして合流です。高速になると車線変更で多少グニャリ感があります。

でも高速の静かさもかなりのものです。おそらく今までアジアンタイヤに乗った中で、スタンダードタイヤの中で順位をつけるなら、2位か1位かですね。

DAVANTI DX240の首都高タイヤ性能評価レビュー

スタンダードタイヤなので、普通は首都高テストはやらないのですが、

このDX240はかなりスタンダードでも高性能でしたので、そのまま首都高にGOです。

継ぎ目の段差が多い首都高でも突き上げ感はまったく感じませんね。さてコーナーに入ると、

グリップ感もとても良いです。コーナーを攻めてみると切り始めの反応は多少遅れますが、

グリップはスタンダードタイヤとは思えないほどありますね。

首都高速

イギリスのタイヤメーカーのDAVANTI タイヤ今回はDX240を試乗させて頂きました。

標準のスタンダードタイヤでしたが、かなり高性能なタイヤということが分かりました。

DAVANTI DX240タイヤサイズと値段は

コチラから⇒DAVANTI DX240 

タイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2020年10月20日

DAVANTI DX240タイヤに乗った特徴と感想 タイヤ性能評価レビューでした!