ADVAN Sport V103 タイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能評価レビュー

ADVAN Sport V103タイヤの特徴

インチサイズ(21インチ)

ADVAN Sport V103

ADVAN Sport V103(アドバン・スポーツV103) は、超高速性能、ウェット性能、快適性を追求して誕生した、ヨコハマの新しいフラッグシップタイヤです。通常のYレンジを超える高速域、(Y)レンジをポテンシャルに持つ。その開発には、ポルシェやベントレーなどのOEタイヤ開発で培われてきた世界トップレベルのテクノロジーが活かされている。というメーカーさんのセールストークです。

ADVAN Sport V103タイヤ性能レビュー

といってもポルシェ大好きな知人の車です。久しぶりですね。あれ、なんだかやたら偏平タイヤになっているけど255/30R21というサイズホイールに傷をつけてしまい、どうせなら21インチにとタイヤとホイールを新たに買い替えたようです(マジ)まあ高速サーキット好きな方なので!試乗評価はイイけど、このタイヤサイズで公道じゃ、評価できないよ~縦のグリップと静かさぐらいしか評価できません(汗)とりあえず試乗することに・・・知人を助手席に乗せてGOです。乗ってすぐに、あの~・・・この足高速サーキットに合わせてあるね。バネレートが半端じゃないんだけど~ポルシェのノーマルの足ってとてもストロークがあってスムーズで、しなやかに動くんだけど・・・まるっきり別物です。相変わらす、富士スピードウェイ走ってるのか~でもこれだけの足を入れていてタイヤが静かなのには驚きました。そのまま高速へ、インターのコーナーで、やはりキャンバー角が効いていますね。コーナー中、完全にタイヤの面で路面をとらえています。合流手前からフル加速・・・・かなりハイギヤなのにもかかわらず、もの凄い加速です。当たり前ですが・・(笑)RRなので、縦のグリップは充分生かされますね。本当は120キロぐらいから盛り上がり140キロを超えた当たりから本領を発揮してあっと言う間に200キロを超える車なんだけどこれは、サーキットじゃないと出せないので・・・(泣)さて首都高に入り、コーナーを攻めてみてもこの速度域では、何もおきません。グリップ力があり過ぎて、安全性はもの凄いですけどね!コーナー出口でチョット、アンダーが強いかなRRなのでフロントが軽いので、コーナー出口に向かってアクセルを開けていくと、フロント荷重が少なくなりアンダー傾向になるんだよな~ノーマルの足は、この特有のクセを足回りのセッティングで出ないように、セッティングされていて不安感はないんだけど何しろ今回乗っているのは、足は車高調だしバネレートが高いので、ダイレクトにクセが出ちゃいます。コレを消すには、もう少しリヤの車高を上げないとダメかな!3mmぐらい上げればちょうどいいと思うけどゴメンナサイ!タイヤの評価じゃなくて車のセッティングの話になっていましました。サーキット歴が長いので、ついつい熱くなって・・・ADVAN Sport V103の評価は公道の速度では評価できない高性能タイヤでした(汗)

今ではさらに進化して、V105Sになっています。

アドバン Sport V105Sのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年06月14日

ADVAN Sport V103タイヤに乗った感想と特徴でした!