Pinso Tyres PS-91

ピンソタイヤPS-91のサーキット タイヤ性能比較レビュー

ピンソタイヤのPS-91のサーキット走行タイヤ性能は?

サーキットを走ってみましたが

このピンソタイヤ PS-91はサーキットでもイケちゃいます。

フロントにPS-91

PS91

リヤにフェデラル595RSという組み合わせで

走ってきました。

595RS

ピンソタイヤPS-91は切り初めにブロックヨレがありますが

横剛性は充分、S字の切り返しも国産グリップタイヤ並に

グリップしてくれます。

驚いたのは、縦のグリップにも優れているところです。

上りの130キロからのブレーキングでタイヤをロックさせ

ブレーキを抜いていくと、リヤに履いているフェデラル595RSの方が

悲鳴を上げ続けている状態です。

何度やっても同じ結果でした。

91

ピンソタイヤPS-91、摩耗は早いですがブロック飛びもなく

溶けてくるとグリップ力は上がっていきます。

これとてもいい感じです。

値段からしてみれば、大満足の高性能タイヤでした。

さて、走行し続けると、フェデラル595RSのグリップがダウン

なぜかフェデラル595RSって、溶けてくるとグリップダウンするんですよね。

そのため、走れば走るほどコーナーがカウンターだらけになっちゃって

タイムダウンでした。

ピンソタイヤPS-91で255/40R17が出ていれば良かったんだけど

発売されていなかったので!

ピンソタイヤPS-91のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ピンソタイヤPS-91

70

アジアンタイヤからグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月19日

ピンソPS-91タイヤ サーキットタイヤ性能比較レビューでした