原宿
NANKANG RX615タイヤの特徴

NANKANG RX615(アールエックスロクイチゴ)は、従来のナンカンのコンフォートタイヤよりも静粛性と快適性を向上させた最新コンフォートタイヤです。ウェット性能、燃費性能、ハンドリング性能、耐久性にも優れています。というタイヤメーカーさんのセールストークです。
タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)
インチサイズ(12インチ~17インチ)

NANKANG RX615のタイヤデザイン

NANKANG RX615のトレッドパターンは、こんな感じ
nankang-rx615
タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ
NANKANG RX615
タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。
NANKANG RX615
NANKANG RX615の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG RX615タイヤ 一般道試乗性能評価レビュー
一般道で乗ってみると、おっと・・・これかなり静かなタイヤです。ここまでの静粛性になると、国産タイヤに引けを取らないレベルですね、それほど静かなタイヤに仕上がっています。さてコーナーを攻めて外側のタイヤに荷重を掛けてもタイヤノイズが大きくならないところがイイね!これだと高速でも静かかも知れません。
NANKANG RX615タイヤ 高速道路試乗性能評価レビュー
速度を上げても、う~ん・・・このRX615の静かさは今までのアジアンタイヤには無かった静かなタイヤで、ちょっとこのレベルの高さには驚きました。しかも乗り心地も抜群にイイです。完全にこの快適性は国産コンフォートタイヤレベルです。まさかここまで静粛性と乗り心地が良いタイヤだとは、思ってもみませんでした。
NANKANG RX615タイヤ 首都高速試乗性能評価レビュー

首都高速ではどうなのでしょうか?そのまま首都高に入っても、そうなんです、首都高って路面の継ぎ目が多いから静かさと乗り心地の評価がしやすい道路なんですよね!さらにコーナーが多いので、グリップ性能が分かりやすいです。NANKANG RX615のグリップ力はどうなのでしょう?コーナーを攻めるタイヤではないことは分かっていますが
コーナーを攻めてみると、ちょっと進入時、グニャリ感がでちゃいますけど、気になるレベルではないです。それにしてもこれほど外側のタイヤに荷重をかけてもタイヤノイズが変わらないタイヤって、コンフォートタイヤのカテゴリーだと、ないんですよね~、ここまでのレベルになるとプレミアムタイヤの領域なんですけど・・・メーカーさんが、RX615はコンフォートタイヤですって言っていますがカテゴリーはコンフォートですが、静粛性と乗り心地は完全にコンフォートプレミアムタイヤレベルでした。
並木道
ナンカンタイヤもこの頃一気にレベルを上げてきたな~静粛性タイヤを作るのって、とても大変な計算をしなければならないんです。トレッド面のブロックの大きさも同じ大きさのものがあると、ノイズが同調して、音が大きくなったり、高速になればなるほどタイヤって、路面と接する時に、空気を圧縮して、路面から離れる時に、圧縮された空気が膨張するんですがその時にもノイズが発生するんです。タイヤの縦溝は、イイんですが、他の横溝や斜めの溝の空気の圧縮膨張とその時発するノイズの周波数まで考えて作らないと静かなタイヤというのは、できないんです。10年以上前のアジアンタイヤは、確かに低中速では静かなタイヤでしたが、ある速度を超えると、いきなりうるさくなるというタイヤがほとんどでした。これが空気の圧縮、膨張によるノイズだったんです。このノイズを解明し静かなタイヤを作るため、日本のタイヤメーカーさんは、スーパーコンピューターを導入し何度もシミュレーションして、タイヤのトレッドパターンを決めているぐらい難しい技術なんです。今の時代では、アジアンタイヤも高速でうるさくなるタイヤは、ほとんど無くなりました。というより、そういうタイヤを作っていたら不満がでて、売れなくなりますからね。それにしても、NANKANGタイヤさん一気にこの静かさのタイヤを出してくるとは、驚きました。

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格はコチラから⇒NANKANG RX615
アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年06月18日

激安NANKANG RX615タイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能評価レビューでした!