HP801

HIFLY HP801タイヤの特徴

HIFLY HP801(エイチピー ハチマルイチ)は、新たにSUV、クロスオーバー車用に設計され、高い運性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。耐摩耗性と静粛性を追求し、高速走行で安定した走りができます。

東名高速

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

ハイフライHP801のタイヤサイズと値段はコチラから⇒HIFLY HP801

HIFLY HP801のタイヤデザイン

HIFLY HP801のトレッドパターンはこんな感じ

サイドウォールはこんな感じ

タイヤのかど、ショルダー部はこんな感じ

HIFLY HP801の実際の性能はどうなのでしょうか?

ハイフライHP801のタイヤサイズと値段はコチラから⇒HIFLY HP801

HIFLY HP801試乗性能レビュー

今回HIFLY HP801を試乗するのは20インチ

なんだかインチ的には乗り心地と静かさは、期待できない予感です。

なにしろインチが上がれば上がるほど乗り心地は悪くしかもうるさくなるのは当然なので・・・

さて走り出しは、アレ???ちょっと予想していたのと、違った感じあれ?

20インチでここまで静かなタイヤってあったっけ???

HIFLY HP801は予想に反して、とても静かです(驚)

乗り心地も、予想していた突き上げ感もなくどちらかというと19インチの乗り心地と言ったところです。

ほォ~、これだったら20インチも悪くないな~今まで20インチを

ベルファイアとアルファードで乗りハリアーの22インチも試乗してきましたが

どうしてもインチが大きくなるとパターンノイズと突き上げ感が多少気になったのですが

このHIFLY HP801は、静かでいい感じです。

ちょっとこのビッグサイズのSUVタイヤ、あなどれないかも!

一般道のコーナーを攻めてみるとさすがに20インチタイヤです。

よれることなくスパッと曲がってくれます。ステアリングの切り初めから、

即、車が反応してくれるのでとても扱いやすいです。

なんだか20インチタイヤのイメージがチョット変わってしまいました。

さて次に高速道路へGOインターのキツイコーナーを抜けて速度を上げて行くと、

なるほどHIFLY HP801は高速でも静かなんですね!直進安定性も抜群です。

このHIFLY HP801はSUVタイヤカテゴリーではスタンダードタイヤなんですが、

タイヤのレベル的にはコンフォートタイヤと言ってもイイでしょう

次に首都高に入って、コーナー性能です。その前に、首都高は継ぎ目が多いので、

継ぎ目の通過時はというと多少突き上げ感は出ますが、

20インチのタイヤを考えれば乗り心地はイイですね!さてコーナーに入ると、

切り初めから反応はイイです。コーナー中もグリップ力もありすんなり曲がっていきます。

何度かコーナーを確かめてから、ちょっとオーバースピードでコーナーに侵入して、

コーナー中、左足ブレーキをかけて思いっきり前荷重にしてみると

あッ・・・なんだかグニャリ感が出ますね。この動き、タイヤのエアーが足りない動きです。

荷重負けをすると、この動きになるんだよな~エアーは300kpaに合わせていたんだけど

コーナーを攻めるなら、320kpa~340kpaまでエアー圧を上げないとダメみたいです。

インチが大きくなるほど、タイヤのエアー管理はしっかりやらなければいけません。

車の重量がとても関係してくるので!HIFLY HP801という20インチタイヤを今回試乗して、

結構20インチでも快適なんだな~って思いました。アルファード、ヴェルファイア、エルグランドの重量級の車のインチアップには、

最適だと思いました。タイヤによっては、ここまでのインチアップになるとパターンノイズが気になるタイヤもありましたが

このHIFLY HP801はとても快適でした。20インチで人気上昇中というのも納得させられました。最大の魅力は価格の安さだと思いますが

ハイフライHP801のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

HIFLY HP801

20インチのタイヤ選びの参考になればうれしいです。

更新日:2021年04月10日

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤに乗った感想と特徴でした。

コチラも参考に

アジアンタイヤJPが、今まで試乗した中で感動したアジアンタイヤをまとめました。

コチラから⇒安くて性能が良いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ!