HIFLY HT601

HIFLY HT601タイヤの特徴

HT601

HIFLY HT601(ハイフライ エイチティー ロクマルイチ)は、

ドライ・ウェットどちらの路面状況でも高いトラクション性能を発揮。

ロードノイズを抑え、快適なドライビングを実現します。

雪山に向かう道

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~17インチ)

ハイフライ HT601のタイヤサイズと値段はコチラから⇒HIFLY HT601

HIFLY HT601のタイヤデザインを見てみましょう!

HIFLY HT601のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

HIFLY HT601の実際のSUVタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ハイフライ HT601のタイヤサイズと値段はコチラから⇒HIFLY HT601

HIFLY HT601 SUVスタンダードタイヤの性能レビューです!

車はハイラックスサーフです。

HIFLY HT601

タイヤ2本しか写っていませんが、4本新品に変えますよ。HIFLYのロゴがしっかりと

DSC_0232[1]

そしてHT601のロゴも

DSC_0233[1]

タイヤを組み終えたら、バランス取りです。さすがにこのタイヤサイズになると、重たいです(汗)

DSC_0236[1]

バランスを取り終えたら、ハイラックスサーフに取り付けてようやく試乗にお出かけです。

HIFLY HT601はどんなタイヤなのでしょう?

走り出し、やはりハイラックスサーフなので車の揺れ方がゆっくりで大きい~

低速ではタイヤ自体がボヨンボヨンしているのか足回りのストロークでそのような揺れになるのかの判断が付きにくいです。

速度を上げて行くと、なるほどHIFLY HT601は予想していたより静かなタイヤです。

コンフォートタイヤの静かさと言えば、そこまでの静かさはありませんが

スタンダードタイヤとしては、静かさは合格点です。次にコーナーですが、

まあコーナーを攻める車種ではないのでS字コーナーの切り返しなどを試してみます。

コーナー進入時は、やはり腰砕け感がありますね!そしてS字の切り返し時も、グニャリ感はかなりあります。

コレだとちょっと、高速道向きではない感じですね。結構な時間走り回りましたが

ウ~ン・・・コレと言った優れたところは特に見当たりません。と言っても悪いところもないけどね。

どちらかというと評価的にはすべてが標準性能レベルで、収めたというタイヤでした。

でも静かさは結構いいレベルなので特にタイヤ性能にこだわらない、タイヤが減ったから交換するんだという方に、

オススメなタイヤがHIFLY HT601タイヤです。

ハイフライ HT601のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

HIFLY HT601

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年07月28日

激安HIFLY HT601 SUVタイヤに乗った感想と特徴 アジアンタイヤでした!