RX615

乗り心地が良く静かなタイヤは、車の快適性につながります

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

どのようなタイヤを選べば良いのでしょうか?静かなタイヤ、乗り心地が良いタイヤ、快適性のあるタイヤがコンフォートタイヤと呼ばれています。

コンフォートタイヤは、長時間運転しても疲れにくく、バランスの良いタイヤです

なぜコンフォートタイヤが増えたのか?それはハイブリッド車が増えたことにあります。

走行中エンジンが止まり、モーターだけで走行しているとき、車内が凄く静かなので、

タイヤの走行ノイズが気になってしまうため、静かなコンフォートタイヤが新車装着され増えていますので、

タイヤを買い替えるときの、タイヤ選びでは、タイヤレベルを下げないタイヤを選ぶ必要があります。

NANKANG AS-2

プレミアムコンフォートタイヤで人気のNANKANG AS-2Plusのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

タイヤのレベルを下げてしまうと、車の性能が生かしきれないことにもつながり、タイヤを変えたら乗り心地が悪くなった。

走行ノイズがうるさくなったという不満になってしまうことがあるので、

純正でコンフォートタイヤを装着している場合、買い替えの時もコンフォートタイヤまたはプレミアムタイヤを選びましょう。

私も履いているMOMO OUTRUN M3

試乗したタイヤの特徴と感想、性能レビューはコチラ⇒MOMO OUTRUN M-3
アウトランM3タイヤ
MOMO OUTRUN M-3のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価ランキングです。

あくまでも新品時のタイヤに試乗した時のタイヤ性能比較です。

NANKANG

コンフォートタイヤですが、ミニバンに人気のNANKANG AS-1のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

でもこの2種類のコンフォートタイヤまたはプレミアムタイヤを選ぶとき、問題があります。

もちろんこの2種類のタイヤは高性能タイヤですのでタイヤ性能は素晴らしいのですが、デメリットがあります。それは値段が高いということです(泣)

国産コンフォートタイヤや国産プレミアムタイヤは値段が高すぎて買えない(泣)

私もそうでした・・・そこで私が選んだのが値段メチャが安くて、乗り心地が良く静粛性があるアジアンタイヤです。

名古屋高速

国産スタンダード(標準)タイヤ、またはエコノミータイヤと呼ばれるお手頃な価格のタイヤより、

アジアンタイヤの高性能コンフォートタイヤ、高性能プレミアムタイヤを選んだ方が満足度は、数段高いです。

しかも国産スタンダードタイヤより値段が、ぜんぜん安いんですから、迷う要素はありませんでした。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、コンフォートタイヤがおすすめです。

高速道路を多く使う方には、プレミアムタイヤがおすすめですよ。

コチラが参考になると思います⇒アジアンコンフォート人気ランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年06月16日

静かで乗り心地の良いタイヤ 快適性を求める方に、おすすめコンフォートタイヤです!でした。