HIFLY HF805
HIFLY HF805タイヤの特徴

HIFLYHF805
アジアンタイヤの中でコストパフォーマンスに優れたタイヤでアメリカ、ヨーロッパを始め、日本でも人気急上昇のブランドHIFLY(ハイフライ)中国製タイヤです。

HIFLYはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって、日本へ供給されているタイヤです。

HIFLYタイヤは中国工場で生産し、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で販売されている人気の高性能タイヤです。

HIFLYタイヤはアメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定に合格しています。ということでHIFLYタイヤは中国製ですが中国産ではありませんよ!
赤いベンツクーペ
HF805(エイチエフ ハチマルゴ)は、シリカを配合することで高速走行時でも安定した直進性能とコーナリング性能を発揮。

それだけでなく、高い静粛性で快適な乗り心地も提供してくれます。というタイヤメーカーさんのセールストークです。
タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)
インチサイズ(15インチ~20インチ)

HIFLY HF805のタイヤデザイン

HIFLY HF805のトレッドパターンは、こんな感じ
HIFLY HF805
タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ
HIFLY HF805
タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。
HIFLYHF805
HIFLY HF805のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

タHIFLY HF805のタイヤ性能評価レビュー

タイヤの性能を飛躍的に上げてくれる高価なシリカを配合することで高性能タイヤにしてくれてます。

このシリカという物質、実はタイヤにとってとてもベストな性能アップをさせてしまう成分です。

このシリカの配合比率をある比率にすることによって低温からグリップを発揮し、

ウエット路面でももの凄いグリップ力を発揮してくれるタイヤに変貌してしまいます。

このシリカをおいしい比率で混合しているのがトーヨータイヤのプロクセスR1Rという、

とてつもないグリップ力を低温から生み出す性能を誇っていますし、

レース用のウエットタイヤとしても有名です。このシリカの配合比率はもちろん企業秘密ですけどね。
赤い橋 アジアンタイヤJP
今回のHIFLY HF805はこのシリカを使いかなりハイレベルなタイヤに仕上げてきました。

値段は本当に驚くほど安いんですがこれは物価の違いが大きく関係しています。

性能は、この値段では考えられないほどの性能を発揮してくれたのには驚きました。

国産タイヤ1本分の価格で4本買えて、性能がここまであるとちょっと国産タイヤが押されてしまうような危機感もありますね。

このHF805タイヤ、トータルレベルがかなり高いタイヤです。

静粛性の面で、国産タイヤとかなり差があったのですが今回のHF805は、突然のレベルアップをしてきたなァ~という感想です。

値段が安すぎて、本当に大丈夫なのかと思っていましたが、試乗してからは、そのタイヤ性能の高さには驚きました。

この性能なら、値段を2倍にしても充分満足できるタイヤなんですどね!とにかく値段が安すぎます。

ここまで安いと、日本人の悪いことろですが安すぎると、ダメ商品というイメージが、どうしてもあるんですよね。

HF805の性能は、シリカを配合したことによりかなりレベルアップしたコンフォートタイヤにしています。

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

タイヤ選びの参考にして頂けると、うれしいです。

更新日:2020年09月22日

中国製タイヤ HIFLY(ハイフライ) HF805のタイヤに乗った感想と特徴 HIFLYタイヤの性能の高さにはビックリでした!