峠で使えて大人気の激安アジアンハイグリップタイヤ おすすめアジアンタイヤ

峠でも使えるハイグリップ激安タイヤ アジアンタイヤ

アジアンタイヤの中でも、ハイグリップタイヤが発売されようになってきました。一番うれしいのが、ハイグリップタイヤなのに値段が激安というところが、アジアンタイヤの魅力でもあります。

峠だけではなく、アジアンハイグリップタイヤ性能はサーキットでも

好タイムをマークしてしまうというハイグリップアジアンタイヤです。その前に峠での性能ですが、もちろん何が言いたいかというと一般路面のアスファルト路面のグリップ力が低温から凄いということですハイグリップタイヤは一般的に、タイヤを暖めないとグリップ力は出てきませんが、発売されたアジアンハイグリップタイヤは低温からでも、グリップ力があるのには驚きました。そして、ハイグリップタイヤの特徴でもある、限界時グリップを失ったときのコントロール性も抜群です。グリップが抜けても、滑りながらグリップをしている感じです。この性格は、セミスリックタイヤ(Sタイヤ)にとても似ています。とにかくコーナーで、やばいオーバースピードだ~テールスライドをし始めても、抜ける感覚がなくとても安心感があるタイヤなんです。

良いところばかり書いていますがこのハイグリップアジアンタイヤはデメリットもあります

乗り心地と静粛性は最悪です。硬いし、パターンノイズはうるさいです。とにかくグリップオンリーのタイヤなので乗り心地とかうるさいタイヤなんて気にせず

グリップ力が高ければイイという方だけ履いて頂きたいハイグリップアジアンタイヤです。ここでハイグリップアジアンタイヤを2種類紹介します。写真を見ればどちらがグリップ力があるかは分かると思います。

NANKANG NS-2R

タイヤサイズと価格はコチラから⇒NS-2R

このタイヤを始めてはいた時はグリップ力の高さと剛性感に感動しました。国産ハイグリップタイヤ性能を超えたと思いしらされました。なぜ国産ハイグリップタイヤのグリップ力を超えたかというと国産ハイグリップタイヤは、ある程度の静粛性を持っているためグリップ力を落とす結果になったのでしょう。それに対して、NANKANG NS-2Rは乗り心地と快適性を捨て、グリップオンリーに特化したタイヤなので、グリップ性能だけは凄いタイヤです。しかもSタイヤのようにタイヤを暖める必要が無いので低温からグリップしてくれます。ただし経験から、気温が4度以下になるといきなりグリップしなくなるので、冬の低い気温の時は、タイヤを暖めないとグリップが出ないので、注意が必要です値段は国産ハイグリップタイヤの1/3の価格なので一気に人気が上がりました。

そしてNANKANG NS-2Rのグリップ力をさらにしのぐグリップのあるハイグリップアジアンタイヤが発売されました。

NANKANG AR-1

タイヤサイズと価格はコチラから⇒NANKANG AR-1

2017年6月にサイズラインナップが4種類から19種類に増え、ほとんどのスポーツタイプの車種タイヤサイズが増えたことで、人気が爆発し、サーキット好きにはたまらないハイグリップタイヤとして認知されるようになりました。このAR-1はNS-2R同様、低温からグリップしてくれます。しかも国産ハイグリップタイヤの1/2~1/3の価格で買えてしまうのが、大人気の秘密かもしれません。このAR-1はスゴイ、ハイグリップタイヤですが減りもメチャ早いです。限界走行時の話ですがSタイヤで言えば、スーパーソフト並みに減りますのでライフは短いですよ

更新日:2020年05月28日

峠で使えて大人気の激安アジアンハイグリップタイヤ おすすめアジアンタイヤでした!