安くて評判の良いアジアンオールシーズンタイヤ!夏冬タイヤの履き替えの手間がなくなるメリットが!

アジアンオールシーズンタイヤの特徴

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

オールシーズンタイヤとは? 「全てのシーズンに対応するタイヤ」で、春夏秋だけでなく、雪道でも走行できるタイヤです。

雪道

オールシーズンタイヤは、夏タイヤや冬タイヤに比べて、季節ごとの専用タイヤに比べて、優れた利便性を持っていますが、その性能には限界があります。

【ドライ性能】 夏タイヤに比べてグリップ力がやや劣りますが、通常のドライ路面では問題なく使用できます。ただし、スポーティなドライビングやハイパワー車での使用には向いていません。

【ウェット性能】 夏タイヤと同等か、それ以上のウェットグリップ性能を持っています。しかし、冬タイヤに比べると、ウェット路面での制動距離が長くなることがあります。

【雪上性能】 冬タイヤに比べてグリップ力が低く、厳しい冬道での走行には向いていません。

しかし、軽い雪道であれば、スタッドレスタイヤに比べて性能が優れている場合もあります。で

すが、凍結路ではスタッドレスタイヤの性能が発揮されますが、オールシーズンタイヤは凍結路は不得意です。そのため降雪地域には向かないタイヤです。

【耐久性】 夏タイヤや冬タイヤに比べて摩耗が少なく、長期間使用することができます。しかし、長期間使用すると、タイヤの性能が低下することがあるため、定期的な点検と交換が必要です。

以上のように、オールシーズンタイヤは、幅広い使用環境で使用できる利便性がありますが、専用の夏タイヤや冬タイヤと比べると、性能には限界があることを理解しておく必要があります。

オールシーズンタイヤはこれまで、国土の広いアメリカ大陸や、気候の差が大きいヨーロッパで主に使用されていましたが

近年日本においてもオールシーズンタイヤの認知度が上がり、注目が集まっているタイヤです。

アジアンオールシーズンタイヤの種類

オールシーズンタイヤも国産に限らず輸入タイヤが増えたため、種類が豊富になってきました。

DAVANTI ALLTOURA

ALLTOURA(オールトゥーラ)は、夏タイヤと冬タイヤの主な技術的特徴をバランス良く兼ね備え、

あらゆる天候で一貫した性能を発揮するオールシーズンタイヤです。

変化し続ける天候条件にシームレスに対応するよう設計されているため、

都市向けの小型車からSUVまで、どんな車両でも高い制御能力をドライバーに提供します。

タイヤカテゴリー(オールシーズンタイヤ)

インチサイズ(14インチ~19インチ)

ダヴァンティ オールトゥーラのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

MINERVA ALL SEASON MASTER

ALL SEASON MASTER(オールシーズン マスター)は、オープンショルダーにより、

排水性、排雪性が向上し、タフな路面コンディションでも安定感のあるハンドリング性能を発揮します。

優れたトラクション性を保ちつつ、ブロックの偏摩耗を抑制。転がり抵抗を軽減することで、

ロングライフ性能がアップし、最適化したバリアブルピッチの採用により、ノイズは大幅に低減しました。

タイヤカテゴリー(オールシーズンタイヤ)

インチサイズ(13インチ~18インチ)

ミネルバ オールシーズンマスターのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

DAVANTI ALLTOURA H/T

ALLTOURA H/T(オールトゥーラ エイチティー)は、夏タイヤと冬タイヤの主な技術的特徴をバランス良く兼ね備え、

あらゆる天候で一貫した性能を発揮するオールシーズンタイヤです。入念に吟味されたトレッドのブロックデザインが、

重負荷での安定性と耐久性を提供します。深い縦方向の溝と広い接触面が、雨天状況下で優れた性能と安全性を発揮します。

タイヤカテゴリー(オールシーズンタイヤ)

インチサイズ(16インチ~19インチ)

オールトゥーラ エイチティーのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年06月26