オープンカー

ネットでタイヤを買う方が増えているのかも知れません。やけに海外タイヤの持ち込みが多いです。

このMINERVAタイヤはカー用品店でも扱っていないよな~

1.jpg

なんだか、初めて見るFENIXというタイヤです?

生産国は、どこの国のタイヤ?

2.jpg

インチが大きくなると国産タイヤだと価格が、高いから海外タイヤを選ぶ方が、多くなっているのかもね。

KUMHOタイヤは、オートバックスさんが専売契約を結んでいるタイヤとして扱っていますが!

3.jpg

インチを大きくするのはいいけど荷重指数に気をつけないと上のスタンダードタイヤは245/45ZR19は荷重指数102

4.jpg

そしてこの245/40ZR19はエクストラロードタイヤで、荷重指数98ここまで偏平になってくると

XLタイヤを選んだほうが無難かも知れません。対荷重性能強化タイヤ、といっても意味が分からないと思いますので、

一番わかりやすいのが、バン用ラジアルと考えるのが分かりやすいかもしれません。

同じサイズでもバン用ラジアルはエアー圧を高くして、荷重に耐える構造になっているですよ。

145R12・6PRとか8PRとかよく見ますよね。XLタイヤは、荷重に耐える強度を持っていてエアー圧を高くして、

荷重に耐えるタイヤなんです。インチアップの基本ですが純正タイヤの荷重指数を下回るような選び方は絶対にしないでくださいね。

とくに1BOX車は1人で運転する時とフル乗車時では、車重で400キロぐらい違うしさらにブレーキをかけると、

サスペンションの関係でリヤが浮き、フロントが沈み重心がリヤの荷重が移動してフロントタイヤにかかるので荷重指数、気をつけてくださいね。

コチラも参考になると思います。価格を見たら、あまりの安さに驚きますよ!
↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

アジアンタイヤJPでタイヤ選びの選択枠が、広がります。

気になるアジアンタイヤがありましたら、サイト内の検索窓に、タイヤ名を入力し検索してください。

タイヤ性能評価レビューをしたアジアンタイヤは検索されます。ぜひ実際に乗ったタイヤの感想をタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2021年04月08日

ネットでタイヤを買う方が増えているのかも!この頃、海外タイヤの持ち込みが多くなっています。でした。

コチラも参考に

アジアンタイヤJPが、今まで試乗した中で感動したアジアンタイヤをまとめました。

コチラから⇒安くて性能が良いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ!