NANKANG AS-1
NANKANG(ナンカン)AS-1タイヤの特徴

NANKANG AS-1(エーエスワン)は、ウェット性能とハンドリング性能に優れたコンフォートタイヤです。

静粛性、燃費性能、耐久性、快適性にも優れています。スポーティーな走行にも対応する運動性能も備えています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。
タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)
インチサイズ(12インチ~21インチ)

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NANKANG AS-1

NANKANG AS-1のタイヤデザイン

NANKANG AS-1のトレッドパターンは、こんな感じ
NANKANG AS-1
タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ
NANKANG AS-1
タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。
NANKANG AS-1
NANKANG AS-1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NANKANG AS-1

NANKANG AS-1タイヤの一般道試乗性能比較レビュー

タイヤのトレッドパターンを見ると、静かなタイヤとは、思えませんでしたが、街乗りでは、

かなり静かで乗り心地の良いタイヤです。コーナー入口でもクリックに反応してくれますしグリップ力もありますね。

一般道では、かなり満足度が高いタイヤです。

NANKANG AS-1の高速道路 性能比較レビュー

ETCゲートを抜けてインターのキツイコーナーを攻めてみると、やはりスポーツタイヤまでのグリップ力はありません。

でも高速道路に合流し速度が上がってもパターンノイズは気にならないほど静かです。

レーンチェンジは、切り初めの反応が少し鈍い感じです。

一般道の速度ではクイックに反応してくれましたが速度が上がると、タイヤの横剛性が少し足りない感じの反応です。

もしかして、18インチ以上のインチアップなら、この欠点がなくなるかもしれませんね。

NANKANG AS-1の高速道路 性能比較レビュー

さて路面の継ぎ目の多い首都高はどうなのでしょう乗り心地はイイですね。乗り越えた後の収まりも早いので突き上げ感もありません。いよいよコーナーテスト、コーナーを攻めてみるとやはりスポーツタイヤのようにクイックには曲がってくれません。ちょっと 限界グリップが低いので、スポーツ走行を楽しむのは無理のようです。攻めなければ静かで乗り心地の良いタイヤというところです。どちらかと言うと、静かで乗り心地の良いタイヤが欲しい方、首都高は滅多に使わないという方にオススメです。
まっすぐな道
高速道も、普通に走る分には、なんの問題もありませんよ。あくまでもコーナーを攻めた時の走りの話なので!

とにかくサイズが豊富なところがグッドですね!やはりタイヤって実際載ってみないと性能は分かりませんね。

タイヤのトレッドパターンを見たときは、うるさくて乗り心地が悪そうと思いましたが、乗ってみたらまったく逆のタイヤでした。

静粛性があり乗り心地もとても良いタイヤでした。

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格はコチラから⇒NANKANG AS-1

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年11月05日

激安NANKANG(ナンカン)AS-1タイヤに乗った感想と特徴 タイヤ性能比較レビューでした。