NANKANG NS-20

ナンカンタイヤの特徴

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

手頃な価格で購入できるため、コストパフォーマンスに優れているアジアンタイヤです。

ナンカンタイヤの性能は、タイヤの種類やグレードによって異なりますが、一般的には以下のような特徴があります。

  1. 操作性能: 高速走行時にも安定した操作性能を発揮し、ドライバーの意図通りの操作を行うことができます。
  2. 乗り心地: スムーズな乗り心地を提供するため、運転中の疲れを軽減することができます。
  3. ブレーキ性能: 優れたブレーキ性能を発揮するため、急なブレーキ操作にも対応することができます。
  4. 耐久性: 高い耐久性を持ち、長期間の使用にも耐えることができます。
  5. 燃費性能: 燃費性能に優れており、燃費の向上に貢献することができます。
  6. 騒音レベル: 騒音レベルが低く、静かな走行を実現することができます。

以上のように、ナンカンタイヤは、幅広い性能を持ち、多彩な用途に対応することができます。

良好な操縦安定性があり高速走行時にも安定した操縦性能を発揮するため、高速道路などでの使用に適しています。

ナンカンNS-25タイヤ(プレミアムタイヤ)

ナンカンNS-25タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG NS-25のタイヤデザインを見てみましょう!

NANKANG NS-25のタイヤ正面、トレッドパターンです。

ナンカンNS25タイヤ

タイヤの横、サイドウォールです。

ナンカンNS25タイヤ

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS25タイヤ

ナンカンタイヤが製造するNS25は、高性能なオールシーズンタイヤで、以下にその主な性能を挙げます。

  1. ウェットグリップ性能: ウェット路面でも高いグリップ性能を発揮します。特殊なシリカ配合により、ウェット路面での制動性や加速性が向上し、安定した走行が可能です。
  2. 走行安定性: 高速走行時でも安定した走行性能を発揮します。タイヤの接地面積が広いため、ドライ路面でも安定したハンドリング性能を発揮します。
  3. 低燃費性能: 低転がり抵抗の設計により、燃費効率を向上させることができます。これにより、燃料費を削減し、環境に負荷をかけないエコロジカルなドライブを実現します。
  4. 静粛性: 静かで快適な走行を実現します。ノイズを抑える設計がされているため、高速走行でも静かな走行が可能です。
  5. 耐久性: 長持ちする耐久性に優れたタイヤです。タイヤの偏摩耗を防止するための設計がされているため、タイヤの寿命を延ばすことができます。
  6. 冬季走行性能: 雪や凍結路面でも高いグリップ力を発揮することができます。スリップ抵抗を低減するための設計がされているため、冬季のドライブでも安心して使用することができます。

以上のように、NS25は、ウェットグリップ性能、走行安定性、低燃費性能、静粛性、耐久性、冬季走行性能など、優れた性能を持っています。オールシーズンに対応するため、幅広いドライビングシーンで使用することができます。

ナンカンNS-25のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS25

乗用車、SUV、スポーツカー、オフロード車など、多彩な用途に対応したタイヤを生産しています。

ちなみにサーキットでも使える低価格ハイグリップタイヤのご紹介です!

ナンカンNS-2Rタイヤ(ハイグリップタイヤ)

ナンカンNS-2Rタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

管理人のJZA70スープラにも履いています。

すごいグリップ力に感動するタイヤです。

NANKANG NS-2Rのタイヤデザインを見てみましょう!

NANKANG NS-2Rのタイヤ正面、トレッドパターンです。

ナンカンNS2Rタイヤ

タイヤの横、サイドウォールです。

ナンカンNS2Rタイヤ

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS2Rタイヤ

NS-2Rは、ナンカンタイヤが製造する競技用タイヤで、レースやサーキット走行など、高速ドライビングに適した性能を持ちます。以下に、NS-2Rの主な性能を挙げるとこんな感じです。

  1. 優れたグリップ性能: ドライ路面において優れたグリップ性能を発揮します。高い剛性と耐摩耗性を持つゴム材料が使用されており、曲がり角や加速時にも安定した走行が可能です。
  2. 良好な操縦安定性: 高速走行時にも良好な操縦安定性を提供します。コーナリング時の荷重移動にも対応し、車体の動きをスムーズに制御することができます。
  3. 優れたブレーキ性能: 高い制動力を持ち、急ブレーキ時にも安定した制動力を発揮します。
  4. 耐久性に優れる: 耐摩耗性に優れており、長時間の使用でも性能が低下しにくいです。
  5. 高速ドライビングに適したデザイン: タイヤパターンは、高速ドライビングに適したデザインとなっており、排水性にも配慮されています。

以上のように、NS-2Rは、競技用タイヤとして高い性能を持ち、高速ドライビングにおいて安定した走行性能を発揮することができます。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS2R

 

ナンカンAR-1タイヤ(ハイグリップタイヤ)

ナンカンAR-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG AR-1のタイヤデザインを見てみましょう!

NANKANG AR-1のタイヤ正面、トレッドパターンです。

ナンカンAR1タイヤ

タイヤの横、サイドウォールです。

ナンカンAR1タイヤ

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンAR1タイヤ

ナンカンタイヤが製造するAR1は、サーキット走行を主目的とした高性能タイヤで、その主な性能はこんな感じです。

  1. ドライグリップ性能: ドライ路面でのグリップ性能が非常に高く、優れたハンドリング性能を発揮します。タイヤの接地面積を最大化するための設計がされており、高速走行時でも安定した性能を発揮します。
  2. ウェットグリップ性能: ウェット路面でのグリップ性能はある程度のレベルを持っていますが、ドライ路面ほど高くはありません。
  3. 耐久性: サーキット走行に特化した設計で、レースなどの短時間の使用を前提としているため、耐久性にはやや難があります。ただし、高速でのハード走行にも耐えられる強靭さを持っています。
  4. ステアリングレスポンス: ステアリングのレスポンスが非常に良く、ドライバーの意図に迅速に応答します。
  5. ノイズレベル: サーキット走行に最適化されているため、ノイズレベルがやや高めです。ただし、高速走行時の騒音はあまり気になりません。

以上のように、AR1は、ドライグリップ性能、ステアリングレスポンス、耐久性に優れたタイヤです。サーキット走行に最適化されており、スポーツドライバーやレーシングドライバーにとっては理想的な選択肢となります。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AR1

高品質な製品ラインナップ: ナンカンタイヤは、高品質な製品を提供することに注力しており、ISO 9001:2000認証を取得しています。また、ヨーロッパでの規格であるECE、アメリカでの規格であるDOT、日本での規格であるJISにも準拠しています。

環境に配慮: ナンカンタイヤは、環境に配慮した製品開発にも力を入れており、燃費の向上や低騒音化など、エコロジーに貢献するタイヤを生産しています。

ナンカンECO-2 +(Plus)タイヤ(ECOタイヤ)

ナンカンECO-2+(プラス)タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG ECO-2+のタイヤデザインを見てみましょう!

NANKANG ECO-2+のタイヤ正面、トレッドパターンです。

ナンカンECO-2+タイヤ

タイヤの横、サイドウォールです。

ナンカンECO-2+タイヤ

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンECO-2+タイヤ

ナンカンタイヤが製造するECO2+は、燃費効率を追求したグリーンタイヤです。ECO2+の主な性能はこんな感じです。

  1. 低燃費性能: 低転がり抵抗の設計により、燃費効率を向上させることができます。これにより、燃料費を削減し、環境に負荷をかけないエコロジカルなドライブを実現します。
  2. ウェットグリップ性能: ウェット路面でも優れたグリップ性能を発揮します。高い排水性能と優れた接地面積により、濡れた路面でも安定した走行が可能です。
  3. 走行安定性: 高速走行時でも安定した走行性能を発揮します。また、コーナリング時にも安定したハンドリング性能を発揮し、運転者に快適なドライビングを提供します。
  4. 静粛性: 静かで快適な走行を実現します。ノイズを抑える設計がされているため、高速走行でも静かな走行が可能です。
  5. 耐久性: 長持ちする耐久性に優れたタイヤです。耐摩耗性に優れているため、タイヤの寿命を延ばすことができます。
  6. 環境にやさしい: 環境に配慮したタイヤです。低燃費性能により、CO2排出量を削減することができます。

以上のように、ECO2+は、低燃費性能、ウェットグリップ性能、走行安定性、静粛性、耐久性など、優れた性能を持っています。また、環境にやさしいグリーンタイヤとして、燃費の向上によるCO2排出削減に貢献します。

ナンカンECO-2+(プラス)のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG ECO2+

更新日:2024年06月15日