東名高速
サーキットでPROXES R1Rのタイヤ性能比較レビュー

国産タイヤのグリップタイヤでお気に入りのプロクセスR1Rです。

ヒーローしのいサーキットでテストしてきました。車は私のサーキット仕様のJZA70スープラです。

サーキット縁石赤アジアンタイヤJP

まずは午前中走ったタイヤはプロクセスR1Rです。

午前中の走行時間はトータル2時間タイムは50秒前半~49秒後半の走行でした。

減りは早いですが、グリップはSタイヤ並みです。新品時はブロックのヨレが気になりますが

減ってくると、Sタイヤと同等のグリップを発揮してくれます。

Sタイヤのコンパウンドを使っていると、タイヤメーカーさんから聞きましたが

確かに性格は、M(ミディアム)ではなく、S(ソフト)でした。

低温からでもグリップしてくれるので、タイヤを温めることを忘れてしまいそうな凄いタイヤでした。

私のお気に入りナンバー1の国産タイヤです。一般道からサーキットまで楽しめるタイヤです。

もっと細かく感想を書きますね!

ショートサーキットでテストしました

さすがにSタイヤと比べると横剛性とグリップ力は落ちますが一般グリップタイヤの中では群を抜いたグリップ力です。

サーキットでの性格はSタイヤに似ています。ですが、R1Rはタイヤを暖めなくても、最初からタイムアタックもイケちゃうところが凄いんです(驚)

でもサーキットではこのR1Rを使いこなすには、実はコツがあるんですよね(驚)

この写真サーキットを走った後の写真なんですが今までのタイヤの常識でサーキットを走るとこのようにR1Rって、キレイにタイヤは減りません。R1Rって、使い方が難しいタイヤですよ!

アルミホイール アジアンタイヤJP

なんといっても、グリップ力に比べて横剛性ありませんから~(笑)グリップ力がある分コーナースピードが上がり横Gも多くなり、

フロントタイヤ外側に荷重が移動するのでコーナー中タイヤが倒れちゃう。なのでエアー圧を3キロスタートこれ冷間でね←これ重要ポイントです。

普通のタイヤだと、ここまでエアーを上げるとトレッドの真ん中が膨らみ、接地面が少なくなってグリップが落ちるんですが、

このR1Rはトレッド面のベルトが強く作られているので接地面に変化がないんです!メチャクチャSタイヤ並みの横剛性で走れちゃいます。

グリップも最強だし、低温時からグリップするのでタイヤを暖めることを忘れてしまうタイヤです。

レースでウエットタイヤとして、使われているのも分かります。プロクセスR1Rの実力はスゴイです。でもグリップする分、減りは早いですよ(汗)

プロクセスR1Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>PROXES R1R<<

アジアンタイヤからも2016年ハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤからでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

更新日:2020年08月30日

トーヨータイヤのプロクセスR1Rサーキットテスト タイヤ性能比較レビューでした!