今どきタイヤのセパレーションって・・・あるの?しかもテンパータイヤで・・?

今どきタイヤのセパレーションって・・・まだあるんですね!

しかもテンパータイヤで・・・

1

大型トラックでは、空気圧不足や過荷重によってタイヤが異常変形を繰り返して、異常発熱をするとセパレーションをおこしますが、

一般乗用車、しかもテンパータイヤでは、見ることはありません。一番多いパターンは、タイヤにキズが入りそこから水が浸入して、

タイヤ内部の金属のベルトにサビがでてセパレーションをおこすパターンなんですがテンパータイヤはそこまで長時間履かないでしょ!

まあ、長年置いておくだけで、こうなるパターンかな私もスタッドレスタイヤで4本とも見事にセパレーションをおこしてことありましたけどね。

倉庫からスタッドレスタイヤをだそうと思ったらセパレーションをおこしていて、なんじゃコレ~って・・・でもそのタイヤを見て、もう笑うしかありませんでしたが!

まあ、走行中じゃなくて良かったと思うしかありませんね。古いタイヤ、キズのあるタイヤ、ヒビのあるタイヤは気をつけましょう。

アジアンタイヤ.jpのおすすめアジアンタイヤ、タイヤカテゴリー別ランキング

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年05月21

今どきタイヤのセパレーションって・・・あるの?しかもテンパータイヤです!でした。