ダヴァンティ PROTURA SPORT(プロトゥ-ラスポーツ)タイヤの性能は?特徴感想です。

DAVANTIプロトゥ-ラスポーツの特徴

PROTURA SPORT(プロトゥ-ラスポーツ)は、原料に含まれるシリカの特殊配合技術と

最新式のトレッド設計技術を組み合わせ開発されました。

そして、新シリカコンパウンドを採用し、トレッド設計方法までこれまでの開発技術を一新。

より優れたグリップ性能や操作性能、快適な乗り心地を実現することができます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(17インチ~21インチ)

DAVANTI プロトゥ-ラスポーツのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

DAVANTI  PROTURA SPORTのタイヤデザインを見てみましょう

タイヤトレッドパターンはこんな感じ

タイヤサイドはこんな感じ

タイヤショルダーはこんな感じです。

DAVANTI プロトゥ-ラスポーツのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

DAVANTI プロトゥーラスポーツタイヤ性能はどうなのでしょう?

プロトゥーラスポーツ 一般道のタイヤ性能感想です。

タイヤカテゴリーがスポーツタイヤなので、静かさと乗り心地は期待していなかったんですが

試乗してみると、メチャ静かで乗り心地も良いタイヤで驚きました。

DAVANTI DX640との比較が一番分かりやすいと思いますのでDX640との比較で感想を書いていきます。

静かさは、DX640の方が静かですが、ほんの少し静かという感じです。

乗り心地もDX640の方がしなやかで、柔らかいです。

グリップに関しては、一般道の速度域ですと、ほとんど同等のような感じです。

プロトゥーラスポーツ高速道路のタイヤ性能感想です。

ETCゲートを抜けて、いつものスプーンカーブを攻めてみます。

ホォ~この速度でタイヤが鳴かないんだ~これはグリップ期待できますね!

加速車線でアクセル全開、リヤ荷重になっても、直進性は抜群ですね!

さて静かさは、速度が上がっても静かですが、DX640までの静かさはありません。

でも静かなタイヤであることは、間違いありません。

高速での乗り心地は、プロトゥーラスポーツの方がタイヤの反発速度が速いので

しっかり路面をとらえているという安心感があります。

直進性が高いので、ステアリングを軽く握っているようになりますね。

プロトゥーラスポーツ 首都高のタイヤ性能感想です。

さてタイヤ性能が良くわかる首都高に入ると、継ぎ目を何個も乗り越えてみると、

乗り越えた後のおさまりがDX640より良いです。ちょっと説明が難しいのですが、

雰囲気的には、DX640はコンフォートタイヤ的な柔らかいおさまり方に対して、

プロトゥーラスポーツは、スポーツタイヤ的な早いおさまり方です。

さて問題のコーナー性能ですが、これはプロトゥーラスポーツの方が

切り始めから反応が良いです。しかもコーナー中の横剛性もプロトゥーラスポーツの方がありますね。

DX640は1テンポまでは行きませんが遅れる感じを受けていましたが、こちらはスポーツタイヤを意識して作ってあるようです。

おそらくトレッドパターンのブロックのヨレがプロトゥーラの方が少ない感じですね。

DX640でサーキットで試して驚きましたが、

おそらくシュートサーキットでは、こちらの方が0.5~1秒ぐらい速く走れそうです。

それにしても、DAVANTIタイヤは、新次元の高性能タイヤであることは間違いありません。

これだけの高性能なタイヤなのに、低価格なのですから、人気が出るのは分かります。

DAVANTI プロトゥ-ラスポーツのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月23日

ダヴァンティ PROTURA SPORT(プロトゥ-ラスポーツ)タイヤの性能は?特徴感想でした!