スタッドレスから夏タイヤに履き替えるタイミングですが車の仕事上、毎年のパターンを分析すると、気温が20度を数日超えると冬タイヤから夏タイヤに履き替える需要が出てきます。逆に夏タイヤから冬タイヤに履き替える毎年のパターンですが気温が15度を数日切ると、夏タイヤから冬タイヤに履き替える需要が増えます。なぜ気温5度の開きがあるのかは、わかりませんが毎年のデーターを分析すると、このような結果になります。ちなみに、私は神奈川県の都内よりで、山が無い地域ですので、山沿いの地域とは、まったく違うので、このデーターは当てになりません。さて、スタッドレスタイヤから、夏タイヤに履き替えようとしたらタイヤが摩耗している、3年履いたのでヒビが入っている等タイヤを新品に買い替えないといけない状況になった事ありませんか?18インチ以上のタイヤサイズになると、4本で10万円超えの出費に(汗)国産タイヤを選んだ場合はですが・・・そこで新たなタイヤ選択技があります。

安くても高性能なタイヤは実はあるんです

私も履いている、アジアンタイヤです。サーキットを走るのが好きなので、ハイグリップタイヤを選んで履いていますが国産ハイグリップタイヤをしのぐ、グリップを持っているのには驚きました。一般の方が履くタイヤではありませんがこんなタイヤです。

さらに値段が国産ハイグリップタイヤの1/3の価格で履けてしまうのが、メチャうれしいです。ハイグリップタイヤに限らず、コンフォートタイヤや、プレミアムタイヤも、もちろんありますので一度、その驚きの安さを、確かめてください。

静かで乗り心地が良いタイヤはコチラから⇒アジアンコンフォートタイヤランキング

トータル性能が高いタイヤはコチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

コチラも参考に!

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時は、あまりの安さにビックリしました。

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

更新日:2020年06月27日