フランス凱旋門
シトロエンC6のタイヤ交換

製造終了してしまった、フランスのシトロエンC6大型高級車です。クイックリフト寸法ギリギリでとてもデカイ車です。
シトロエンC6
純正タイヤサイズもデカイ~ここまでのタイヤサイズになると値段も恐ろしい金額です。
フランス石畳道路
オーナーさんになぜミシュランタイヤを選んだのですかとたずねると、シトロエンにはミシュランタイヤがベストなんですよという答えが?足廻りが特殊な車なので、やはりフランス製のタイヤじゃないとという答えが、なるほど、これはおそらくオーナーさんでないと、分からないところなのでしょう。
ミシュランプレマシーLC
高級車って、タイヤ代だけでもスゴイ値段ですね。17インチのSタイヤより値段が高いです(驚)
エッフェル塔
車内はこんな感じです。
シトロエンC6のメーター
オーディオと空調はこんな感じあら、反射して見えませんが液晶パネルはカラー表示です。
シトロエンC6のオーディオ
ドアパネルのコントロール部がこれ電動シートをコントロールできます。
シトロエンC6のドア
リヤのデザインは独創的リヤガラスの凹側のデザインってまずありませんよね。
シトロエンC6.のリヤ
シトロエンと言ったら乗り心地重視の車、ハイドロマティックサスペンションが特徴で乗り心地はピカイチ、突き上げ感などまったくありません。
セーヌ川
日本では関係ありませんが、110km/h以上の速度になると自動で車高を12mm下げ、高速安定性を増すようにコントロールされます。国によって、道路事情が違いますから、それに合った足廻りが必要なんですよね。
ミシュランタイヤ選びはコチラから⇒ミシュランロゴ

ミシュランタイヤの値段が高すぎると思ったら

こちらも参考にして見てください⇒アジアン・プレミアムタイヤランキング
あまりの安さに、驚かれると思いますよ!タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2020年07月01日

ミシュランPRIMACYタイヤ シトロエンC6のタイヤ交換でした。