サーキットを楽しむには、安全に速く走ることです。無茶をして、車をコントロールできず、事故るのが最悪になります。サーキットを楽しむには、どれだけ速く走れたか、すなわちサーキットでラップタイムを縮めるということになります。

まずは足回りのセッティング

そのために足回りを車高調にして、前後の荷重バランスを変えたり、バネレートを変えたり、減衰力を変えたり、アライメントを変えることで、自分が運転しやすいように、チューニングしていきます。これもサーキットを楽しむ1つですよね。そして結果がラップタイムにあらわれます。そのチューニングがあっていたか、いなかったのかです。

次にブレーキのチューニング

乗りやすい足回りが決まってくると、コーナーリングスピードが上がってきます。コーナー出口のスピードが上がってくるということはストレートスピードも上がるということですよね。そうなると次のコーナー手前のブレーキングでプラスされた速度を減速しなければなりません。そこでブレーキパッドがノーマルですと、より手前からブレーキペダルを強く踏むようになります。ブレーキペダルを踏む時間が長く、そして強く踏むということはブレーキパッドの温度が上がることになります。ノーマルブレーキパッドは、サーキット走行を想定していないのでブレーキパッド表面温度が約400度が限界なのです。この温度を超えると、表面から焼けてしまい、スス状になってしまいフェード現象になってしまいます。

ブレーキパッド自体の摩擦係数が減ってしまい、ブレーキを掛けても制動力が得られなく現象で、ブレーキが滑る症状になってしまいます。こうなるとサーキットを楽しむどころではありません。ということにならないように、ブレーキパッドをスポーツパッドに変更しましょう。ショートサーキットの場合は、スポーツパッドのみで楽しめますが時速200キロ越えの高速サーキットになると、ノーマルブレーキローター、ブレーキキャリパー自体の容量が足りなくなるので容量の大きなブレーキキャリパーとローターが必要になります。走るステージでブレーキチューニングをしましょう。

車の軽量化

サーキットタイムを縮めるため有効なのが、車の軽量化です。この軽量化というのは、車のトータル性能が上がるということなんですよね。物体には慣性力が付きまといます。重ければ重いほど、この慣性力が大きくなってしまいます。なので車が重いほど、加速、曲がる、止まるは悪くなります。車の基本性能の走る・曲がる・止まるは車が軽くなることでアップしますよ。

最終的にはタイヤのグリップに掛かっています

全ての足回りセッティングはタイヤをいかにグリップさせるかなんです。車の性能を最終的に路面に伝えるのが、タイヤだからです。タイヤの違いによるタイムの違い、これが一番ハッキリ分かります。車が同じで足回りのセッティングが同じでも、スタッドレスタイヤとハイグリップタイヤでは、どちらが速いラップタイムが出せますか?お分かりですよね。間違いなくハイグリップタイヤです。同じタイヤで、ドライ路面とウエット路面どちらが速いタイムが出せますか?これも間違いなくドライ路面ですよね。

サーキットタイムは最終的には、タイヤ選びになるということなのです。ですがここで問題が出ます。私も苦しみましたが、ハイグリップタイヤは摩耗が早く値段が高くてお金が追いつかなくなってしまうということです。

特に、国産S(セミスリック)タイヤですと、タイヤ1本が3~4万円それを4本になると、かなりの金額です。しかもサーキットでは、走行時間が2~4時間でタイヤが終わってしまいます。午前中15分4回で1時間走行、午後15分4回で1時間走行1日で2時間走行というのは、普通の走行時間なのです。ということは、サーキット走行会2回でタイヤが終わってしまうことなのです。こうなると、かなりお財布に厳しい状況になることは、お分かりですよね(汗)毎回サーキット走行を楽しんだあと、タイヤを見ると次回またお金が掛かるのか~と。かなり悩んでいました。そのタイヤの悩みをなんとかしようと、2007年から安くてグリップするタイヤはないのかを徹底的に試乗し調べていました。

そこで、サーキットでも使える安くてハイグリップするタイヤを見つけました。タイムアタックして、ベストタイムが良かった順にランキングしています。

コチラを参考に⇒アジアンタイヤ・ハイグリップランキング

サーキットを楽しむ方のタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2020年05月27日

サーキットラップタイムを縮めるにはタイヤのグリップを上げることなんです。でした!