ストリートレース

トレッドパターンがかっこいいサイロンストリートレースタイヤ

試してみることに何しろ、耐久走行会2回で、しかも午後から・・・使ったプロクセスR1Rタイヤが、こんな状態になので

11.jpg

サーキットコース内の走行時間的には、4時間かな重たい車にR1Rは、

お財布にやさしくないです。ということで、

今までアジアンタイヤもテストしてきましたがそろそろ違うタイヤを

テストすることにしようと思っていたら知り合いにテストしてほしい

タイヤがあるんだけどって?ということで、紹介されたタイヤをテストすることに。

1.jpg

サイロンストリートレースというタイヤなんだか懐かしいパターンと

思った方はバブル前の走り屋だった方ですね(笑)

サイズが無くて225ですが、まあイイか!ちょっと荷重指数が足りないかな!

おそらく、サーキットではエアー圧3K超えないとコーナー中タイヤが倒れるかも(汗)

2.jpg

そういえば、このタイヤの溝ってやけに少ない計ってみると、

溝の深さは5ミリ・・・となると・・・・・(恐)

スリップサインまで3.4ミリか~Sタイヤと同じ溝の深さなのか~

もしかして耐久走行会で走ると1日で、終わっちゃうかも(汗)

3.jpg

さて、バランスはイイね。

5.jpg

さて70スープラ号のフロントに履かせて

6.jpg

公道のインプレは、ありませんよ?できませんが正解かな(汗)

何しろ、車内がドンガラだし、フェンダーライナーも付いていないので

静粛性とか乗り心地とか評価できる車ではないので(笑)

しかも一般道でグリップの限界走行なんて、

できないしサーキットで使えるように、皮むきしておきま~す。

この手のベットリ感のあるタイヤは、皮むきしないで走ると、

最初メチャ滑ることが多いからね(笑)

オートウェイからサイロンストリートレースというタイヤでした。

快適性のあるスポーツタイヤをお探しなら

コチラを参考に⇒アジアンスポーツタイヤランキング

快適性無視、グリップオンリーのハイグリップタイヤをお探しなら

コチラを参考に⇒ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年07月27日

ドイツ製のサイロンストリートレースというタイヤが来ました。プロクセスR1Rから変更ですでした