上野
JZS161アリストにトーヨーのプロクセスC1Sタイヤ 

そろそろ夏タイヤを新品交換してもイイかな

1.jpg

夏タイヤをタイヤ交換です。お疲れのヴューロタイヤ

2.jpg

年月が経っているのでさすがにパターンノイズがうるさいので・・・・これ紫外線によるヒビです。

3.jpg

さて今回アジアンのECOタイヤにしようと思ったんですが、車が重いことと首都高を使うことが多いので、グリップは落としたくないな~ということで、国産タイヤを選びました。

4.jpg

BS、ヨコハマ、ダンロップはスタッフが履いているのであえてこのメーカーにプロクセスR1Rじゃないよォ~C1Sという、高速クルージングが静かなタイヤってメーカーさんは言っていたけど、どうなんでしょう?タイヤは履いてみないと分からないからね。転がり抵抗のラべリングはBなのでECOタイヤの部類には入りません。

5.jpg

トレッドはイン、アウトでコンパウンドが違うらしい。ミニバン方式ですね。

6.jpg

さて車に重要な荷重指数は99って、このサイズで、ここまでいらないと思うけどそこまで車、重くないぞ~ちなみに、ヴューロは加重指数は94でした。

8.jpg

まあ今回のタイヤはエクストラロードなので空気圧はちょっと高めになるけど、225/55偏平の16インチだと、あまり関係ないね。タイヤ内面の容積も十分あるし、管理が面倒なので、ここは窒素を入れました(笑)45偏平以上で、17、18インチなら空気圧をシビアに見ないといけないなにしろ、タイヤ内面容積はメチャ少ないから重量を支えるのは、タイヤ内の空気量だからね。さて長年お世話になったタイヤです。

9.jpg

安全かつ快適に走らせてくれました。お疲れさまです。

10.jpg

ということで、ニュータイヤを履いてインプレッションは、ちょっと待ってくださいね。タイヤの性能とくに静かさって、一皮剥かないと分からないので!このタイヤのインプレって、ほとんどないんだな~ということは、売れてないのかな(汗)でもプレミアムタイヤということは間違いありません。

プロクセスC1Sのタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

アジアンタイヤでもプレミアムタイヤは進化しています。

コチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

タイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

 

更新日:2020年07月09日

JZS161アリストのヴューロタイヤをプロクセスC1Sタイヤに交換しました。でした。