AUTOWAY
人気でオススメなアジアンタイヤメーカーとタイヤの種類

各タイヤメーカーのバナーをクリックするとタイヤの種類が見れます!

人気のアジアンタイヤメーカーの種類からタイヤサイスごとの値段が分かります。

アジアンタイヤ はアジア諸国で生産されているタイヤの総称ですアジアンタイヤと呼ばれているのは日本だけで、

日本市場で認知された、インドネシア、台湾、韓国、中国などの新興国タイヤメーカーが製造するタイヤのことです。

今ではアジアンタイヤの性能も飛躍的に進歩し、メジャータイヤブランドの性能と変わりない性能になってきています。

さらにメジャータイヤメーカーや日本タイヤメーカーもアジア諸国にタイヤ生産工場を持っていることを踏まえると、

今後アジアンタイヤの急速な発展が見られると思います。最大の魅力は、高性能タイヤでありながら、低価格というところです。

ロードスタードライブ

私事でありますが、70スープラにはNANKANG NS-2Rを履かせ、アリストには、MOMOタイヤのOUTRUN M3を履き、

嫁のカローラフィールダーにMOMO OUTRUN M1を履かせているというアジアンタイヤが大好きな一人でもあります。

今まで、そしてこれからもアジアンタイヤを試乗してそのタイヤ性能と感想を書いていきます。

ご紹介するアジアンタイヤメーカーは、日本で認知度が高いタイヤメーカーです。まずはアジアンタイヤがどれくらい安いのか、

ご自分のお車のタイヤサイズで値段を確かめてみてください。あまりの安さに驚きますよ!

タイヤメーカーバナーをクリックするとタイヤの種類とタイヤサイズ 値段が分かります。

NANKANG(ナンカン)タイヤ

 

 

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)1959年創業。 常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞。 世界180カ国以上での販売実績が証明するアジアンタイヤランド。

ATR RADIALタイヤ

 

 

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続けるインドネシアのATR RADIAL。

ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、世界100ヶ国で愛用されています。

MOMO(モモ)タイヤ

 

 

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤ

 

 

ROADSTONE(ロードストーン)は、韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されています。ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

HIFLY(ハイフライ)タイヤ

 

 

コストパフォーマンスに優れたタイヤでアメリカ、ヨーロッパを始め、日本でも人気急上昇のブランドHIFLY(ハイフライ)

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ

 

 

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。 乗用車からトラック・バス用まで幅広いラインナップを世界85ヶ国以上で販売しています。

MINERVA(ミネルバ)タイヤ

 

 

ヨーロッパやアジアをはじめ、世界52ヵ国以上で販売されているベルギーのタイヤブランドMINERVA(ミネルバ)MAXTREK(マックストレック)タイヤ

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

 

 

顧客満足度第一で技術革新を続ける急成長ブランドMAXTREK(マックストレック)。 世界一流タイヤ工場と並ぶ技術力を備えており、

中国、アメリカ、ヨーロッパなどの認証も取得。 道路状況に考慮された、さまざまな特性を持ったタイヤを設計しています。

Radar(レーダー)タイヤ

レーダータイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR(レーダー)

タイトルが入ります。

davanti

DAVANTI(ダヴァンティ)は、イギリスのタイヤ製造メーカーです。専門的なエンジニアが高度な製造プロセスと走行テストにより、

安全で快適なドライブを実現するタイヤを研究・開発しています。中国で生産することにより、低価格を実現していますが、

生産機械と生産技術管理は、もちろんイタリア品質で行われている、高性能タイヤです。

 ブランド人気タイヤメーカー

各タイヤメーカーロゴをクリックするとタイヤの種類とタイヤサイズと値段が分かります。

MICHELIN(ミシュラン)タイヤ

ミシュランタイヤ

フランスの大手タイヤメーカーMICHELIN(ミシュラン)。世界3大タイヤメーカーの1社。安全性、快適性、耐久性に優れたバランス設計に定評があり、

世界のさまざまなカーメーカーに純正装着タイヤとして採用されています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)タイヤ

 

 

BRIDGESTONE(ブリヂストン)は、2006年にフランスのミシュラン、アメリカのグッドイヤーを抜き、 堂々の世界シェアナンバー1の称号を獲得し、

今もトップに立ち続ける日本が誇る世界的メーカーの1つです。 世界のさまざまなカーメーカーに純正装着タイヤとして採用されており、

世界中からその品質の良さを認められています。

YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤ

 

 

日本を代表するタイヤメーカーのひとつYOKOHAMA(ヨコハマ)。 1917年の創業以来、タイヤをはじめ、工業用品、スポーツ用品等、

数々の製品を世に送り出してきました。 1954年には、日本初のチューブレスタイヤを生産。

常に技術の先端に挑戦し、新しい価値を創り出しながら成長し続けています。

DUNLOP(ダンロップ)タイヤ

 

 

世界的大手タイヤメーカーDUNLOP(ダンロップ)。 1909年に日本でゴム製品の製造を開始し、1913年には日本初となる自動車用タイヤを製造しました。

ハイドロプレーニング現象の解明や新技術の開発など、 常に利用者へ安全を提供するために惜しみない努力を傾注しています。

FALKEN(ファルケン)タイヤ

 

 

FALKEN(ファルケン)は、2012年の世界シェアランキングで6位の実績を持つ、住友ゴムグループ内のタイヤブランドです。

タイヤのローテーションの時期をわかりやすくする「サーチ・アイ」を採用する等、個性ある商品創りや、デザイン性、コストパフォーマンスの高さから国内・海外で支持層を広げています。

NITTO(ニットー)タイヤ

NITTOタイヤ

TOYOタイヤの海外輸出向けブランドNITTO(ニットー)。 米国でコアなファンに支持を受けており、デザイン性、革新性をコンセプトとした、

ラグジュアリースポーツカーやSUV向けの大口径タイヤが充実しています。

PIRELLI(ピレリー)タイヤ

 

 

PIRELLI(ピレリ)は、イタリアの大手タイヤメーカーで、世界シェアランキングでは5位の実績を持っています。

F1レーシングの黎明期である1950年代からタイヤメーカーとして参加している数少ないメーカーの一つである事から、

ハイパフォーマンスタイヤの先駆者として知られており、そのブランドイメージは高いカリスマ性を持っています。

GOOD YEAR(グッドイヤー)タイヤ

 

世界三大タイヤメーカーの一社GOODYEAR(グッドイヤー)。 1898年に米国で創業して以来、

120年以上にわたってタイヤを製造しています。 ユーザーニーズを満たす高品質な製品の生産、

環境や人々の未来を考えた技術で、 今もなお、進化を続けるタイヤメーカーです。

ARMSTRONG(アームストロング)タイヤ

armstrongタイヤ

ARMSTRONGは、アメリカ合衆国フロリダ州のマイアミに拠点を置き、最先端の技術と製造施設で、

乗用車、軽トラック、商業用または農業用などのタイヤを製造しています。

BFグッドリッチ タイヤ

bfgoodrichタイヤ

アメリカの大手タイヤメーカーBFGOODRICH(ビーエフグッドリッチ)。

現在は世界3大タイヤメーカー、ミシュランの1ブランドとして 大型SUV用タイヤを中心に展開しており、

オフロードタイヤは、 ダカールラリー等で大活躍しています。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年10月20日

アジアンタイヤメーカー種類とタイヤの種類 値段比較!でした!