赤BMW
70スープラ号のプロクセスR1Rタイヤがもう摩耗の限界

タイヤをニューにしないと公道でも整備不良を切られるヤバイ状態なのでタイヤを交換することに、以前からアジアンタイヤの中で性能をテストしてみたかったタイヤがあったので今回アジアンタイヤの中でもっともグリップ力のあるフェデラル595RSを注文しました。この会社アジアンタイヤ直輸入なので、とにかく激安グリップタイヤで255/40R17の価格を見たら国産グリップタイヤの半額以下、グリップ力も半分以下だと困るけどね!まあサーキットに行けば、性能は分かるのでチョット今回は冒険です。タイヤって履かないとタイヤ性能と性格は分からないからね!注文してから2日後にフェデラル595RSが到着

フェデラル595RS

作りは見た目、国産タイヤに引けをとらない仕上がりです。

595RS

ちょっとコンパウンドが硬いけど、ブロックが大きいからそう感じるのかもさてレバーレスのタイヤチェンジャーで交換しよ~と

タイヤ交換1

チェンジャーにタイヤホイールをセットして今までサーキットを楽しませてくれたプロクセスR1Rタイヤを外します。ビードを上下落としてから上のビードを外します。

タイヤ交換2

そして下のビードを外します。

タイヤ交換3

プロクセスR1Rタイヤが外れました。

タイヤ交換4

次にフェデラル595RSを組みます。

タイヤ組み付け

もっとも神経を使うところがこの場面

タイヤ組み付け1

でも機械まかせだから疲れないけどね!

タイヤ組み付け完了

あとはエアーを入れてバランスをとればOKで~す。ということで交換終了です。

フェデラル595RS

リヤはこんな感じ

リヤ

ちょっと走ってみました。なるほど、結構静かなタイヤだな~が第一印象コーナーを攻めてみると、えッ???滑るじゃんタイヤの温度が低いと、このフェデラル595RSタイヤ、グリップ力ないぞ~これだとプロクセスR1Rとは違ってスプリングレートからやり直しになりそう。まあタイヤが溶ける温度まで攻めてみないと本来のグリップ性能は分かりませんからね。これから走りこんで足回りのセッティングを煮詰めていきます。次回の耐久走行会にはこのフェデラル595RSタイヤをテストするので参加者皆さん黒70スープラ号を、あおらないでくださいね。フェデラル595RSは、フェデラル595RS-Rに進化フェデラル595RS-Rのタイヤサイズと価格はコチラから⇒フェデラル595RS-R
そして今では、フェデラル595RSーRRにさらに進化しています。ハッキリ言って、このフェデラル595RS-RRは国産グリップタイヤと同等のグリップ力を発揮します。一般道より、このフェデラル595RS-RRはサーキットのタイムアタックで楽しめるタイヤですよ!フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格はコチラから>>フェデラル595RS-RR<<
値段が高いと思われた方は2016年に発売されたアジアンハイグリップタイヤがあります。コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

更新日:2020年05月09日

プロクセスR1Rから激安フェデラル595RSタイヤ変更 595RSタイヤに乗った感想と特徴 アジアンタイヤでした!