アジアンスタッドレスタイヤの種類
アジアンタイヤのスタッドレスタイヤの特徴

アジアンスタッドレス性能も年々向上し、国産スタッドレスタイヤの性能とほぼ変わらない性能レベルになってきています。

一度アジアンスタッドレスタイヤを履いて雪道を走ったことのある方は分かると思いますが、この性能レベルで十分と思われた方も多いと思います。

プラスして価格の安さが購入の決め手ということも、私も初めはアジアンスタッドレスタタイヤを選ぶとき、あまりにも価格が安すぎて性能は大丈夫なのかと、思っていました。

ですがいざ履いてみると、雪道と凍結路での走行性能は、国産スタッドレスタイヤに引けを取らない性能に驚きました。

夏タイヤでは、国産タイヤに引けを取らない性能ということは、今までたくさんのアジアンタイヤに試乗してきたので、分かっていましたが

アジアンスタッドレスタイヤで、ここまでの性能があるとは思ってもみませんでした。

特にアジアンタイヤメーカーのNANKANGでは、日本の雪質を調査し、北海道を拠点に開発テストを繰り返し行い、日本の雪道にマッチさせたスタッドレスタイヤを開発し

雪国での使用を想定したヘビーユーザーから、雪があまり降らない都会派ユーザーまで幅広く対応し、日本専用設計をし性能レベルを引き上げています。

スタッドレスタイヤ(studless tire)の説明

自動車が積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種です。

積雪路や凍結路の摩擦係数が低い路面で、普通のタイヤに比して駆動力や制動力をより大きく路面に伝える工夫がされています。

従来のスパイクタイヤとの対比で、スタッド(スパイク)のないタイヤであることから、このように呼ばれています。

スパイクタイヤがアスファルト路面を引っかき、空気中にまき散らす粉塵問題点を克服し、

旧来のスノータイヤをスパイクなしでも問題なく運用できる性能とすべく開発されたのがスタッドレスタイヤです。

アジアンスタッドレスタイヤの種類

激安アジアンスタッドレスタイヤメーカーとスタッドレスタイヤの種類

ATR SPORTスタッドレスの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

NANKANGスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

ZITEEXスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

HIFLYスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓」↓↓↓

RADARスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

MAXTREKスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

MINERVAスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

DAVANTIスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

MOMOスタッドレスタイヤの種類はコチラから

↓↓↓↓↓

車種からスタッドレスタイヤを探せます⇒コチラから

スタッドレスタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2020年10月21日

アジアンスタッドレスタイヤの特徴とアジアンスタッドレスタイヤメーカーの種類でした。