アジアンサーキットタイヤ人気ランキング!安くて売れているサーキットタイヤ

アジアンサーキットタイヤ人気ランキング

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

鈴鹿サーキット

アジアンタイヤでもサーキットでタイムアタックできるような

ハイグリップタイヤのカテゴリーに入るグリップ性能をもったタイヤが発売されています。

安いアジアンタイヤの中でのサーキットタイヤランキングです。

サーキットでタイムアタック用に使えるタイヤです。どれも公道走行OKのハイグリップタイヤですよ。

スリップラインが出ていなければ、車検も通ります。

 アジアンサーキットタイヤランキング

1位 NAKANG AR-1タイヤ

ナンカンAR-1(エーアールワン)は、

サーキット走行を前提にドライグリップ性能を極限まで高めたハイグリップタイヤです。

トレッド面のブロックとショルダー部分の剛性を高めており、

コーナーでも安定したグリップ力を発揮します。

強烈なグリップ力を持つタイヤ感想はコチラ⇒NANKANG AR-1

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドよりグリップ力のある

(トレッドウェア80)を使い発売されたのがNANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。


AR-1のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

2位 ダヴァンティプロトゥーラレースタイヤ

PROTURA RACEのトレッドパターンを見ただけで、ハイグリップを意識して作られたタイヤということが分かりますね。

PROTURA RACE(プロトゥ-ラレース)は、優れたブレーキング力とパワフルな加速力を実現するハイグリップなニューコンパウンドを採用。

さらに、ウェット路面では優れたコントロールを発揮する方向性パターンを取り入れており、サーキットからストリートまで対応

(トレッドウェア200)のリアルスポーツタイヤです。

PROTURA RACEのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

3位 NANKANG NS-2Rタイヤ

NS-2R(エヌエスツーアール)は、

中央の3本の縦溝により排水効率とウェット路面でのハンドリングを向上させています。

そして、ユニークなショルダー部分のデザインにより、タイヤの剛性を高め、

不規則なトレッドの摩耗を抑制します。

試乗したタイヤの特徴と感想、性能レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています。

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を超えているアジアンタイヤです。

コンパウンド表記トレッドウェア120と80の2種類が発売されています。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

4位 フェデラル595RSRRタイヤ

595RS-RR(ゴーキュウゴアールエス アールアール)は、

炎を彷彿させるトレッドパターンは、究極のハンドリングとコーナリング性能を実現し、

最新技術を結集させたFEDERAL史上最強のハイグリップタイヤです。

新開発のポリマー材でタイヤの剛性と耐摩耗性を強化するとともに、

タイヤの熱効率を改善し、短時間でベストなコンディションにします。

試乗したタイヤの特徴と感想、性能レビューはコチラ⇒フェデラル595RSRR

フェデラル595RSRRのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

5位 NANKANG CRSタイヤ

CR-S(シーアールエス)は、

タイムアタック、サーキット競技などのクラブユーザー向けに専用設計された
トレッドウェア200のエクストリームパフォーマンスタイヤです。
左右非対称パターンを採用、トレッド剛性を強化することで最大限のグリップ力を生み出し、
ダイレクトなステアリングレスポンスにより機敏でスポーティな走行が味わえます。
さらに、サイドウォールには耐熱性の高いアラミド繊維を使用し、
安定したハンドリングと操舵性を発揮します。
値段がちょっと高いのと、発売されてから間もないので
これから人気が出るタイヤです。


ナンカンCRSのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

まだ試乗していませんが、日本で生産されているハイグリップタイヤもあります。

グッドイヤーEAGLE RS SPORT S-SPEC

EAGLE RS SPORT S-SPEC(イーグル アールエス スポーツ エススペック)は、強化された新コンパウンドの採用により、

力強いグリップと高い応答性を実現しました。優れてグリップ力はスタート直後から発揮され、

コーナーからの立ち上がりの良さに貢献し、熱ダレを抑え、グリップ力を長く維持します。

グッドイヤー最強のハイグリップスポーツタイヤです。

イ―グルRSスポーツSスペックのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

ニットー(NITTO )NT05

NT05(エヌティーゼロゴー)は、ドライグリップパフォーマンスを向上させるため、

最新のテクノロジーを駆使した高度なコンピューター・シュミレーションと数多くの走行テストを行い、

最適なコンパウンドを開発。コーナリング性能と操縦安定性が向上し、高速能力を発揮します。

ニットーNT05のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

今回のアジアンサーキットタイヤランキングは

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を持っていますが、Sタイヤは一般ラジアルタイヤとは、

グリップの理論が異なります狭い温度域によって、グリップ力を発揮する特殊なコンパウンドを使っているタイヤで

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので極力タイヤ自体を軽く作ってあります、

一般道で使用するには、かなり気を使わなければならないタイヤがセミスリックタイヤです。
縁石青
激安アジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

Sタイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけでパンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので一般道でも気をつかわなくて済みます。

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

コチラも参考にしてください。

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月25日

アジアンサーキットタイヤ人気ランキング!でした。