BRIDGESTONE TECHNO SPORTS
アジアンスポーツタイヤランキングの説明

アジアンタイヤのスポーツタイヤはグリップ重視のタイヤでしたが今では、静粛性も求められ、

かなり静かなアジアン スポーツタイヤに進化しています。スポーツタイヤとは⇒ 『楽しむ・競技のタイヤ』という意味になりますが

市販タイヤに関してのスポーツタイヤは、楽しむタイヤになります。峠道を楽しんだり、車をコントロールして楽しむタイヤということです。
タイヤホイール
このアジアンスポーツタイヤランキングはグリップ力と限界を超えた時のコントロール性を重点におき、ランキングしています。
首都高速
それぞれのアジアンスポーツタイヤの試乗レビューリンクは、一般道、高速道路、首都高でのタイヤ性能評価にリンクしています。

車の楽しさを追求しているのが、スポーツタイヤです。

アジアンタイヤ スポーツタイヤランキング

1位 BRIDGESTONE TECHNO SPORTS
試乗したタイヤの感想と特徴、性能レビュはコチラ⇒BRIDGESTONE TECHNO SPORTS
BRIDGESTONE TECHNO SPORTアジアンタイヤJP
BRIDGESTONE TECHNO SPORTSのタイヤサイズと値段は⇒コチラから
2位 Pinso Tyres(ピンソタイヤ)PS-91

試乗したタイヤの感想と特徴、性能レビュはコチラ⇒Pinso Tyres PS-91
Pinso Tyres PS-91
Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

3位 ATR SPORT

試乗したタイヤの感想と特徴、性能レビュはコチラ⇒ATR SPORT
ATR SPORT
ATR SPORTのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

4位 NANKANG NS-2

試乗したタイヤの感想と特徴、性能レビュはコチラ⇒NANKANG NS-2
NANKANG NS-2 s
NANKANG NS-2のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

5位 ATR SPORT2

試乗したタイヤの感想と特徴、性能レビューはコチラ⇒ATR SPORT2
ATR SPORT2
ATR SPORT2のタイヤサイズと値段は⇒コチラから
アジアンタイヤのスポーツタイヤも年々タイヤレベルが上がってきています。
ジャンクション
国産タイヤの場合はモデルチェンジまで性能が変わりませんが、アジアンタイヤは、同じタイヤでも

パターンを変えずにコンパウンドを変えたりして、タイヤを育てていくスタンスなので、

数年後に同じ銘柄のタイヤを乗ってみると、こんなにも性能が上がったのか~と、驚くタイヤもあるんですよ。

しかも一番うれしいのは、値段が安いということですね!タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

公開日:2016年03月03日

更新日:2020年11月15日

アジアンタイヤ スポーツタイヤランキング 激安アジアンスポーツタイヤ性能比較でした。