車検ごとに、タイヤ交換をしておいた方がイイの?アジアンタイヤなら

もうすぐ車検、車検時にタイヤが摩耗し過ぎたり偏摩耗していたりして、タイヤの残り溝が一か所でも、1.6mm以下だと、保安基準で定められているので車検は通りません。その他でも、経年劣化でタイヤ表面ゴムがヒビだらけのタイヤも安全上、車検は通りません。これは保安基準ではなく検査員、検査官の判断なので、グレーゾーンの判断のため開きがあります。すなわち、このままこのタイヤを使い続けると、安全上問題がありますよと、いうことです。

新品タイヤに交換してください、ということになります

確かに突然タイヤがバーストしたり、雨の日に急ブレーキ止まれる距離が大幅に伸びたりする可能性が大きくなる訳ですから安全ではない事は確かなので。一般的にタイヤ交換で言われているのは3年3万キロでしたが、これはもはや昔の話で車重が1500キロ以下の車の場合です。

今の車は、車がナンバーサイズギリギリまで大きくなり

さらに衝突安全ボディーでボディーの補強で重くなり安全装備が多くなり、車自体が重くなっているため特にミニバン等は、フロントタイヤの負担が大きいため新品タイヤからの走行距離30000キロは持ちません。20000キロがタイヤの買換え時期になっています。一般の方で、車の使い方を調べると1年1万キロの使い方が多いようです。なので、車検ごとのタイヤ交換が多いのも当然です。その使用頻度に当てはまる方が多いからです。車検代の他にタイヤ新品交換これ出費が痛いですよね。そこでタイヤの選択幅が広がる情報です。

タイヤ代を大幅に節約できるアジアンタイヤをご存知でしょうか

アジアンタイヤは性能が悪いからこれ20年以上前の話です。今では、国産タイヤの性能を超えるタイヤまで発売されています。しかもアジアンタイヤの価格は、国産タイヤと比べて1/3~1/4という低価格で新品タイヤが買えてしまうところが最大の魅力です。

なぜそこまでアジアンタイヤが安いのか?

一番影響しているのが、人件費の安さです。国産タイヤでも、もはや技術は日本ですが生産はアジア諸国というタイヤはたくさんあります。日本の技術ですが、海外で生産されているタイヤも数多く販売されているのが当たり前の時代なのです。

車検ごとにタイヤを新品に買えるだけの余裕なんてない

という方に、ぜひアジアンタイヤの価格を見ていただきたいです。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

車検ごとでも、タイヤを新品に買えられるとその安さに驚くと思います。私も始めてアジアンタイヤの価格を見た時はその安さに驚きました。高性能でありながら、低価格を実現しているアジアンタイヤぜひ価格を確かめて見てください。あまりの安さに驚くと思います。

更新日:2020年05月24日

車検ごとに、タイヤ交換をしておいた方がイイの?アジアンタイヤならでした!